ホーム | イベント情報 | 著名ピアニストが初公演=小曽根真さん、1日聖市で

著名ピアニストが初公演=小曽根真さん、1日聖市で

ピアニストの小曽根さん(提供写真)

ピアニストの小曽根さん(提供写真)

 著名な日本人ジャズピアニストの小曽根真さんが、来月1日午後9時から聖市のサーラ・サンパウロ(Praca Julio Prestes, 16 – Campos Eliseos)で、伯国初めてとなるピアノコンサートを行なう。小児青少年ガン協会(TUCCA)による『治療のための音楽―国際コンサート―』に招聘された。
 小曽根さんは父親の影響でクラシックピアノを習い、15歳でプロデビュー。1983年に米CBSと専属契約を結び、同国で日本人初のジャズピアニストとして活躍した。近年は分野を超え、オーケストラとの共演も行なっている。
 本公演ではショパンなどのクラシックほか、コントラバス、ドラムとコラボしたグループ「ザ・トリオ」として、ブラジル現代音楽も披露されるという。
 なお収益は同協会の運営資金として、小児・青少年ガン治療に充てられる。入場券120レアルから。
 問い合わせは同協会(11・2344・1051)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ