ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ五輪=ジカ懸念の研究者が延期要請=解決にならぬとWHO回答

こちらの記事もどうぞ

  • ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避2016年12月29日 ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避  小頭症の子供が増えているのは、妊婦がジカ熱にかかった事と関係がありそうだ―。15年8月にブラジル北東部の医師が警告を発して以来、出産、妊娠が可能な年齢層の女性やその関係者を中心に、ジカ熱感染を懸念する声が高まっている。  同年11月からは保健省も実態解明に力を入れ始め、世界 […]
  • 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる2016年8月10日 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる  リオ五輪開幕から4日、現在のところ大きな問題もなく開催されているリオ五輪だが、フランスの新聞「フィガロ」紙のサイトが、リオ五輪の運営状況をほめる報道を行っている。 同紙サイトの記事は、契約者以外に読めないシステムになっているが、同国の全国ネットのラジオ局RFI局が記事の要約を […]
  • 五輪応援団の野次に苦情=ネットの悪口に泣く選手も=熱狂や興奮以上に成熟必要2016年8月11日 五輪応援団の野次に苦情=ネットの悪口に泣く選手も=熱狂や興奮以上に成熟必要  リオ五輪開始5日目の9日、外国人選手や報道関係者が伯国の応援団の野次や騒音に苦言を呈しているとアジェンシア・ブラジルが報じた。 観客席が騒がし過ぎて苦情が出たのは水泳、卓球、バスケットなどだ。8日の女子バスケット伯国対日本戦では、絶え間なく続く伯国側応援団の野次に日本側応援団 […]
  • 「リオ五輪のために精子凍結も」=ジカ熱におびえる有名バスケ選手2016年6月17日 「リオ五輪のために精子凍結も」=ジカ熱におびえる有名バスケ選手  リオ五輪まで50日を切ったが、国外から参加する選手たちにとって、今回のブラジル行きはちょっとした勇気がいるものとなっている。 その原因となっているのがジカ熱だ。ジカウイルスは長時間、患者の血液や唾液、精子の中で生きており、性交渉やキスでもジカ熱に感染する可能性があることが明ら […]
  • リオ五輪警備=単独犯のテロが最も怖い=頻発する事件が緊張高める=米国警察がノウハウを伝授2016年6月30日 リオ五輪警備=単独犯のテロが最も怖い=頻発する事件が緊張高める=米国警察がノウハウを伝授  開幕まで残り1カ月余りに迫ったリオ五輪で、組織委員会最高経営責任者(CEO)を務めるシジネイ・レヴィ氏の「主要な心配事」リストの中にジカ熱は含まれていない。同氏最大の不安の種は、治安全般と、制御が極めて困難な単独犯によるテロ行為だ。 この点は、リオ五輪を観戦に訪れる国外からの […]