ホーム | イベント情報 | 海の幸が堪能できる6月祭=12日、サントス厚生ホームで

海の幸が堪能できる6月祭=12日、サントス厚生ホームで

土井運営委員長と坂和援協副会長

土井運営委員長と坂和援協副会長

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)主催の『フェスタ・ジュニーナ(6月祭)』が、6月12日正午から午後4時まで、サントス厚生ホーム(Av. Campos Salles, 60, Vila Nova)にて開催される。入場料5レアル、食券25レ。
 例年約500人の参加があり、花柳流日本舞踊、和太鼓、入居者によるコーラスや沖縄舞踊、カラオケなどで賑わう。
 名物の鰯の丸焼き、刺身をはじめ、サントスならではの海の幸を堪能できる。他に焼きそば、天ぷら、まんじゅうなどの和食に加え、6月祭では定番のじゃがいもスープ、生姜入りワイン、松の実なども。
 坂和三郎援協副会長と同ホームの土井セルジオ紀文運営委員長が来社、「約60人の入居者も、皆さんと会うのを楽しみにしている日。お気軽にご参加ください」と呼びかけた。
 なお、同日午前10時に援協本部前(Rua Fagundes, 121, Liberdade)からバスが運行される。運賃はは入場料、食券付きで70レ。
 バスの予約、問い合わせはサンドラさん(11・3274・6590)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ