ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 男子バレーのリオ五輪アジア最終予選に臨んでいる日本チーム。2日の豪州戦で4敗目を喫し、2試合を残してリオへの道が絶たれてしまった。メンバーには昨年、ブラジルスーパーリーグのマリンガに所属した福澤達哉選手(29、京都)も。2年ぶりの代表復帰だったが、チームをブラジルに導けなかった。もう2、3人、ブラジルで鍛えた選手がいれば、もしかして?!
     ◎
 3日付け本面の『オバマ大統領の広島訪問』記事のなかで、ブラジル被爆者平和協会の盆小原国彦副会長の出身県について、「被爆しているのに、なぜ出身が広島ではないのか」という問い合わせが編集部にあった。盆小原さんは静岡県で生まれた後、広島に引越し、5歳のときに被爆している。「幼いときに原爆にあい、全てが一瞬の内に物質的にも、肉体的にも終わる、それならば身体があまり丈夫ではなく、どこでのたれ死してもいいから世界を見てみたい」という気持ちから渡伯し、ピースボードで世界一周したこともあるとか。最後にたどりついた安住の地がサンパウロ市だったようだ。
     ◎
 『朝蔭』第439号が5月に発行された。昨年10月に百寿を迎え、コロニア俳句界最長老といわれるアリアンサ在住の新津稚鴎翁の作だけに<こほろぎとこの移住地に生き残り>には、そこはかとない重みが漂う。<春泥にまみれて河岸を渡る牛>(東比呂)はアマゾン河畔マナウスらしい風情。<チョコ卵貰いて孫ら中身見る>(和田貴美子)はパスコアらしい和やかな家族の光景か。<草虱故郷は遠く半世紀>の小村広江さんはピエダーデ在住。久々に草原を歩いていたら衣服に点々と小さな草の実がくっついて、なかなかとれない。そんな時「ああ、来たばかりの半世紀前と同じだ」とふと思いついたのか。爽やかな一句。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、ブラジルの障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現 […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 大耳小耳2016年12月27日 大耳小耳  日系スポーツ選手が活躍したのはリオ五輪だけではない。10大ニュースで触れられなったが、日本の相撲界では魁聖関(30)が小結、さらに関脇まで昇格する快挙を達成した。苦節10年での三役昇進に、コロニアにも祝賀ムードが広がった。      ◎  一方プロ野球界でも活躍を見せた日 […]
  • 大耳小耳2016年9月20日 大耳小耳  五輪を記念して企画展示「二つのオリンピック―スポーツがつないだ日系社会―」を開催中のJICA横浜・海外移住資料館(横浜045・663・3251)。25日午後2時からリオ五輪聖火ランナーの一人、小川彰夫さんが同館1階「会議室1」で特別に講演する。聖火リレーにまつわるエピソードか […]
  • 大耳小耳2016年10月7日 大耳小耳  リオ五輪・パラリンピック日本選手団のメダリスト約90人が、東京銀座の中央通り約2・5キロを約一時間かけて凱旋パレードを行う。パラリンピックでは金メダル獲得ゼロと結果は振るわなかったものの、五輪では過去最多のメダル数を獲得し、国民を熱狂させた。今月中旬には、テメル大統領も日本を […]