ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(16)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(16)

 そして1960年、いよいよ独立の機運到来では有ったが、行方家の家庭事情、経済事情で、青年達にまで支援援助は至難である。よって「それぞれのプラン計画、望みによって、身の進路を考えてもらいたい」と行方正次郎氏ご本人から説明があり、真心籠もったお話に、今の自分の立場では、パトロンとは言えども甘えすぎと決心、この際じっくり考えようと流浪の旅に出る事とした。
    ☆      ☆
 さてさて、突飛ですが、ここで話題をブラガンサ・パウリスタの行方家を勤めあげた千年君の望みに向かって進む、第一歩に移ります。
 日本に住んでいた頃、祖父母、父母の遠い遠い親戚筋にあたる井出利葉さんなる人がいた。この人は大正時代に既にブラジルに渡り、移住されていた事を、父母より聞いていたので、先ず一度お会いする事とした。
 世の中には誰でも古里がある様に、千年君は西日本福岡県が生まれ故郷で、所謂(いわゆる黒田武士)の里、福岡県(NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」)の領地。
 日本人ならすぐに「ハハンと来る」が、筑前博多ではない。福岡県の南部、筑後平野久留米藩の浮羽郡(うきはぐん)千年村(ちとせむら)生まれである。だから姓名は千年、名は太郎。
 取り分け「ばってん」は九州地方の代表的方言で知らぬ人なし。
(娘)「あたしゃ、おとつちゃんに(父に)、若かかった時分、ブラジルに連れられて来たけん。日本語は標準語しか話せんとですたい」ときた。さらに(娘)「あんたも福岡んモンごたるね」。
太郎「は、はい、そげんですたい」
つい娘さんにつられて返事をしていた。(ここの娘さん筑後の方言丸出し)
(太郎)「やっぱり福岡の人でしたか。さっきからの言葉使いで解かっていりました」 
(娘)「ああ、そうーね。生まれた時から、おとっちゃんや、おっかしゃん(父母)が、にしゃあ(お前は)標準語がうまかたい(上手)と、ゆう(言う)ちょりました」
 流石に太郎も福岡の田舎育ちだが、これには度肝を抜かれた(娘さんは福岡の方言を標準語と思っているらしい)。
 あの頃、太郎は戦後移民で来たばかりだが、蒸気機関車でノロエステ線を行き、着いた所はマット・グロッソ州の小さな町「トレス・ラゴア」でした。「これはとんでもない所に来てしまった」と一瞬、太郎は思った。もう夕方の五時ころであった。どうやらこの家の娘さんらしいが、他に人の気配がない。こりぁーいかん、町までかなりの道のりがありそうだから、明るいうちに宿を取っておかねばと気付いた。太郎の目的は、この家の主人「井出利葉政吉」さんを訪ねて来たのだ。
 その頃、ブラジル奥地の農家には、電気も電話もない。日暮れ頃にはバスもない。あわてて腰を上げた。隙間だらけの板壁にカヤ葺き屋根床は土を固めて、ならしたままの、いたって簡素に出来ている。
 だが、このあたりでは「平均的な住まいで可笑しくも恥ずかしくも」らしい。娘さんに大きな声で「また明日の朝方、早く来ます」と声をかけて表に出た。ほんの四、五分歩き、帰りかけた時、馬車一台が通りすぎた。荷台にほっかぶりした大きな麦藁帽子をかぶつた日本人らしい顔がチラリと見え、ピンと来た。
 大きな声で「いでりはさん」と叫んだ。馬車が「すとん」と止まった。
 太郎は馬車に駆け寄った。年老いた二人は、たずなをたぐりよせながら、怪訝(けげん)そうに見つめている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)2016年7月29日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)  特に専務は、「これからの君に期待されている特大有望地区なのだ。ここを二週間、君と周り、俺の全ての知識は一応説明した。だが、これからは君が奥さんにも教えながら頑張りなさい。そして早く軌道に乗せて、新入営業マンを二、三人抱える様になれば、奥さんなんか働かせなくてブラジルに錦を飾っ […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)2016年7月27日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)  「いかん、いかん。俺は一体なにしに来たんだ。女房の静江や子供を何とする。いかん、いかん。そんなお前じゃないだろう。どうした、どうした」と太郎は自分の頭を自分で叩きながら自問した。 自業自得で人様に笑われて、家族に悲しい想いをさせる自堕落を何とする。自分のふがいなさに、一人思い […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)2016年7月28日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)  何にも知らないのは千年太郎一人。彼女(森沢須磨子)と千年の経緯(いきさつ)を全部知り尽くして対応されているのには、また驚く千年だった。 「だとすると、なぜなんだ?」と自問した。要は自分の力量だけが目的なのか。「『株式会社・大東建装』は実力、実績本位の企業なのか、昨今国内外で話 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40)2016年7月21日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40) 「なんだって、青森かい」「あなた青森に行きましょう」「青森は、ちと遠いよ」 しかし千年は、「しかし、待てよ。ホテルに泊まるより良いかもね。そうだ青森にしよう。そうだ、まず東京に行こう」と考え直した。 横浜駅に行って、青森行きを駅員に尋ねた。「東京駅から夜行があります」と言う駅員 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)2016年7月22日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)  その頃、再三、岐阜市を訪問していた千年君。そのついでに大阪の企業のお膳立てで、ブラジルからの「出稼ぎについて」と題した講演会に招待された。そこで出稼ぎ事情をお話したが、その席に彼の支店長さんが出席していたようで有った。そんなことを書いたメモが、現金五万円と共に例の封筒に入って […]