ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5月中旬から聖州で延々と降り続けた雨は8日になってやっとやんだが、聖州の各水系は季節はずれの増水で潤い、その水位もカンタレイラ水系が未開の水域込みで73%、アウト・チエテは46%、グアラピランガも90%で、軒並み、5月中旬より7~10%上がった。だが、アウト・コチアやリオ・クラーロのように水位が100%を超えると、逆に水門開示などで洪水の恐れが出てくるので要注意だ。実際、ピラシカーバ市ではピラシカーバ川が増水し、平時は93・25立方メートル/秒程度の流れが5倍以上の627・62立方メートルになっており、かなり危険な状態だ。なにごともほどほどが一番良いのだが。
     ◎
 聖市北部の市営保育園「ピンゴ・ダグア」が、園児の母親の苦情を聞きいれ、女性教員を解雇した。母親によると、女性教師は3歳の息子が寝なかったため、頬を平手打ちし、耳をひっぱるなどの暴力を加えたという。園側はビデオを見ても暴行ではないとし、解雇しようとしなかったが、母親が被害届を出し、ソーシャルネットワークにも投稿したため、免職とした。同教師に対しては「トイレに行くのを禁じられた娘が家で腹痛を起こした」「許可もなく息子の頭を剃った」などの苦情も寄せられている。
     ◎
 連邦政府の奨学制度「全ての人のための大学計画(Prouni)」の受付がはじまった。今年は901の高等教育機関の2万2967学科で12万5442人がこの制度の恩恵に預かれる。5万7092人は授業料の全額免除、6万8350人は割引を受ける。締め切りは10日(金)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月1日 東西南北  先日から度々報じている、サンパウロ市南部イタイム・ビビの日本料理店「JAM」で、「スシマン」こと寿司料理人が大暴れして軍警に射殺された事件に関し、事件当時の監視カメラの映像がテレビなどで流れはじめて話題となっている。ビデオによると、スシマンは厨房を要塞のように使い、そこから出 […]
  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボウソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボウソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボウソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]
  • 東西南北2018年10月19日 東西南北  7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]