ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨年の大統領選後、ボウソナロ氏が、医療プログラム「マイス・メジコス」に参加する医師の採用基準を見直すと言いはじめ、キューバ人医師が大量に引き上げたため、昨年の12月から今年1月に、7120人のブラジル人医師がその穴を急遽埋めたと報じられた。だが、この3カ月間で、少なくとも1052人が辞めたことがわかった。キューバ人医師の撤退後、マイス・メジコスではブラジル人医師7120人を採用。国外で免許を取得したブラジル人1397人も採用のはずだった。だが、彼らの中にはわずか1週間で辞めた人もいたという。順調に補充との報道に「話がうますぎる」とも思われていたが、案の定こういうことに。医師の足りない地域が心配だ。

     ◎

 先月13日に起きたサンパウロ大都市圏スザノ市の公立校での無差別テロ事件の現場となった州立ラウル・ブラジル校では、授業再開から2週間が経った現在も、「生徒が集まらない」とか、「教師が来ない」といった状態の授業が目立ち、およそ「通常どおりに戻った」とは言えない状況が続いているという。生徒の親たちからはこれに対し、学校側の心のケアや警備が甘いと不満が漏れているという。長い目で正常化を見守りたいところだ。

     ◎

 サッカーのリベルタドーレス杯のループ・リーグは、3日の試合が終わった段階で、インテルナシオナル、フラメンゴ、クルゼイロ、アトレチコ・パラナエンセ、パルメイラスの5チームがグループ・リーグ3節を消化し、決勝トーナメント進出圏内の2位以内に入っている。この調子でブラジル勢に勝ち残ってほしいところ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • 東西南北2019年5月24日 東西南北  サンパウロ市交通局(CET)が発表した最新の資料によると、同市では、2018年の交通事故による死者が、2014年以来、4年ぶりに増加したという。サンパウロ市での交通事故死は14年に1249人を記録して以降、毎年減少し、17年は797人まで落ちていたが、18年は849人に増えた […]
  • 東西南北2019年4月4日 東西南北  3月1日に急逝したルーラ元大統領の孫、アルトゥールちゃん(享年7)の死亡原因が、当初発表された「髄膜炎」によるものではないことが判明した。このことは、アルトゥールちゃんの家族が住んでいるサンパウロ大都市圏サントアンドレ市の市役所が1日に、聖市の医療機関の意見書を正式に発表した […]
  • 東西南北2019年4月9日 東西南北  ダッタフォーリャの調査で、大統領就任100日目での支持率が過去の大統領に比べて低いことが明らかになったボウソナロ大統領。こうした支持率の低さは、これに先駆けて行われた他の調査機関の調査でも似た結果が出ていた。だが、大統領本人は意に介さず、「最初の100日間で予定していたことの […]