ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨年の大統領選後、ボルソナロ氏が、医療プログラム「マイス・メジコス」に参加する医師の採用基準を見直すと言いはじめ、キューバ人医師が大量に引き上げたため、昨年の12月から今年1月に、7120人のブラジル人医師がその穴を急遽埋めたと報じられた。だが、この3カ月間で、少なくとも1052人が辞めたことがわかった。キューバ人医師の撤退後、マイス・メジコスではブラジル人医師7120人を採用。国外で免許を取得したブラジル人1397人も採用のはずだった。だが、彼らの中にはわずか1週間で辞めた人もいたという。順調に補充との報道に「話がうますぎる」とも思われていたが、案の定こういうことに。医師の足りない地域が心配だ。

     ◎

 先月13日に起きたサンパウロ大都市圏スザノ市の公立校での無差別テロ事件の現場となった州立ラウル・ブラジル校では、授業再開から2週間が経った現在も、「生徒が集まらない」とか、「教師が来ない」といった状態の授業が目立ち、およそ「通常どおりに戻った」とは言えない状況が続いているという。生徒の親たちからはこれに対し、学校側の心のケアや警備が甘いと不満が漏れているという。長い目で正常化を見守りたいところだ。

     ◎

 サッカーのリベルタドーレス杯のループ・リーグは、3日の試合が終わった段階で、インテルナシオナル、フラメンゴ、クルゼイロ、アトレチコ・パラナエンセ、パルメイラスの5チームがグループ・リーグ3節を消化し、決勝トーナメント進出圏内の2位以内に入っている。この調子でブラジル勢に勝ち残ってほしいところ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]