ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日で、サンパウロ州が対コロナウイルスの外出自粛規制をはじめてから1年が経過した現在、サンパウロ州はもっとも厳しい規制を行っている真っ只中だ。その間に、州内では233万人余りの感染者と6万9千人弱の死者を記録している。これに関して、「もっと厳しい規制を行わないから封じ込められないのだ」と指摘する専門家がいる。もっともかもしれない。だが、見本を示すべき大統領が率先して規制を破り、規制強化に反対する中、規制を厳格化させる度に強い反発を招いてきたのもまた事実。加えて人々の経済状況もある。とにかく今は、長期休暇やロックダウンなどの対策で、ウイルスの猛威をどれだけ抑えるかに集中するべきだろう。州政府は同日、69~71歳の予防接種を26日からに前倒しした。
     ◎
 ブラジルでのコロナの惨状を受け、アルゼンチン政府は23日、ブラジルからの飛行機による渡航条件を厳格化すると発表した。それによると、すべての乗客にPCRテストの結果を提示することを義務付け、便数も大幅に減らすという。アルゼンチンでのコロナ禍は、世界的な上昇が起きた1月に感染者数が増えたが、現在はやや鎮静化。1日の死者は昨年の12月頃から一貫して100〜200人を保っているし、予防接種率はブラジルを上回った。この状態を崩したくないのが本音だろう。
     ◎
 23日からサントス海岸部ではロックダウンがスタート。閉鎖され、警備隊が厳重なパトロールを行う海岸には人影はなく、普段はにぎわう海岸沿いの店も閉店と、早速効果が出ているようだ。アララクアラなどでは既に、病床占有率低下など、ロックダウンの効果を示す報告がなされている。海岸部のロックダウンは4月4日のパスコア(復活祭)まで続くが、規制明け後の4月には朗報を耳にしたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年5月28日 東西南北  連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文 […]
  • 東西南北2021年5月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が23日にリオ市で行った1万人規模のマスクなしでのバイク行進は、各方面から批判を浴びている。そのすぐ前の15日にブラジリアで行われた大統領支持の集会では、参加者の一人の退職公務員女性が、すぐ後の20日にマット・グロッソ州でコロナ感染が原因で死亡していることが分 […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]