ホーム | 日系社会ニュース | 元代表監督、篠原が語る=メダリスト育てた武士道精神=(中)=三つのメダル手に伯国凱旋=武道家・小川龍造との出会い

元代表監督、篠原が語る=メダリスト育てた武士道精神=(中)=三つのメダル手に伯国凱旋=武道家・小川龍造との出会い

小川龍造(「ブラジル柔道のパイオニア」より)

小川龍造(「ブラジル柔道のパイオニア」より)

 恩村に続けとばかり、12年ぶりの銅メダルの後は、重圧から開放されたように選手らが奮起する。ワルテル・カルモナ(86キロ級、銅)、ドウグラス・ビエイラ(95キロ級、銀)も続いた。1972年ミュンヘン五輪以来、3大会ぶりの快挙。柔道界が待ち望んだメダルを、一気に三つも持ち帰った。
 しかも第2号は篠原道場出身の恩村で、正真正銘、「ブラジル生まれ」としては初メダル。続く88年のソウル五輪では、こちらも弟子のアウレリオ・ミゲル(現聖市議)が95キロ級で柔道史上初の金メダリストになった。
 聖市西部のヴィラ・ソニア区にある篠原道場。ここから巣立った選手たちが世界の大舞台で輝きを放った。一体、どんな指導方針で弟子たちと向き合ってきたのだろうか。
   ■   ■
 篠原は1924年12月、奥ソロカバナのアルバレス・マッシャードで生まれた。おぼろげな記憶では、1918年以前に両親が渡伯。「お金儲けして3~5年で帰るつもりだった」という。コーヒー栽培に励んだが、父・述一は病気によって死去。残された家族は、40年に聖市近郊エンブーに移り住んだ。
 それまでは剣道に打ち込んでいたが、戦争の影響により禁止になった。その内に地元の日語教師に勧められ、柔道を始めることになる。篠原少年16歳の時だった。
 エンブーで野菜を作るかたわら、柔道人生が始まった。7年後には厳しいことで有名な、東洋街トマス・デ・リマの小川武道館に通うことになる。侍の精神を持つ明治時代の柔術家、小川龍造による道場だ。
 石井千秋の著書『ブラジル柔道のパイオニア』によれば、小川は1885(明治18)年、福島県生まれ。講道館柔道の創始者、嘉納治五郎の兄弟弟子に付いて免許皆伝を受けた。東京に道場を設立し、皇族に招かれて実演も行ったという経歴の持ち主。伯国移住に関しては、《日本での柔術家としての武道活動に志を得ず、昭和9年(1934年)、(中略)レジストロ植民地へ入植した》とある。
 彼の道場は多く著名人を輩出した。石井を帰化させた、ブラジル柔道連盟のアウグスト・コルデイロ初代会長などがその一例。63年汎米大会のブラジル代表で、現在文協副会長を務める山下譲二が、小川武道館について驚きの逸話を教えてくれた。山下の兄・嘉男がその道場に通っており、相当に厳格な指導を受けたようだ。(敬称略、つづく、小倉祐貴記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝2018年8月17日 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝  「第15回世界ジュニア相撲選手権大会」と「第22回世界相撲選手権大会」がそれぞれ7月21日と22日に台湾の桃園(とうえん)市で行われた。日本、台湾を始め欧州やアジアなどの計25カ国・地域から男女約200人が参加。ブラジルからは11人が出場し、ジュニア大会男子重量級でジ […]
  • 2017年11月25日 《ブラジル》南米初、10段を取得=柔道家の篠原正夫さん=77年の精進に赤帯  「柔道を始めてから77年、家族や友人、関わった全ての人にお礼が言いたい。ムイト、ムイト・オブリガード」――柔道家の篠原正夫さん(92、二世)がそう感謝を述べると、会場から大きな拍手が贈られた。ブラジル柔道連盟(シルビオ・アカシオ・ボルジェス会長)が17日夜、1篠原さん […]
  • 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞2018年4月6日 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞  ニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が4日、サンパウロ市議会の貴賓室で行われた。全19種目、特別賞8人を含む25氏に記念プレートとニッケイ新聞発刊の書籍が授与された。会場には過去最多の約500人もの来場者が集まり、盛大に式典が執り行われた。特別 […]
  • 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも2016年12月27日 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも  半年前に迎えた中南米大陸初の祭典。1位はやはり、リオでのオリンピック・パラリンピックだ。開幕前から工事遅延、治安、ジカ熱と不安が高まる報道が目立った。大統領弾劾が重なるような混迷期だったが、邦人被害を含め大きな事件、事故もなく無事に閉幕。ブラジル特有のホスピタリティで成功 […]
  • 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに2016年12月16日 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに  日本政府による2016年度秋の叙勲の伝達祝賀式が14日午後、在聖総領事公邸で行なわれた。元文協会長の木多喜八郎氏(72、二世)=旭日小綬章=、柔道の元ブラジル代表監督の篠原正夫氏(92、同)=旭日単光賞=らが栄誉に浴し家族ら約50人と共に受章を祝った。 […]