ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 リオ五輪直前、日本にとって格好の前哨戦が組まれた。サッカー男子代表が7月30日、セレソンと対戦することになったと日本サッカー協会が発表。ゴイアス州ゴイアニアで強化試合を行い、翌月4日夜、マナウスでの初戦ナイジェリア戦に臨む。1996年のアトランタ五輪では1対0でブラジルを下した日本代表。臆せずに戦えば、勝っても負けても貴重な経験になるはず。本番への糧にしてほしい。
     ◎
 日語の中国情報サイト「レコードチャイナ」によると、五輪開催地のリオで走る地下鉄4号線の工事が96%完成したそうだ。そこを走るのは、中国の中国中車長春軌道客車株式有限公司(中車長客)が製造する車両らしい。1日の輸送量は30万人の見込み。5月にリオの地元紙は「7月初旬に開通予定だったのが8月5日、開幕式当日に延期した」と報道したばかり。リオ市政府五輪プロジェクト担当者は「五輪前に地下鉄を完成に100%自信がある」と同中国情報サイトに語っているが、果たして…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年10月7日 大耳小耳  リオ五輪・パラリンピック日本選手団のメダリスト約90人が、東京銀座の中央通り約2・5キロを約一時間かけて凱旋パレードを行う。パラリンピックでは金メダル獲得ゼロと結果は振るわなかったものの、五輪では過去最多のメダル数を獲得し、国民を熱狂させた。今月中旬には、テメル大統領も日本を […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『ある伯国の日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県連』 […]
  • 大耳小耳2016年5月7日 大耳小耳  聖市グァラピランガ湖畔に20万坪の広大な敷地を持つ世界救世教の聖地。渡辺哲男前理事長がデザインし、95年に竣工。一際目を引くのは古代ローマを彷彿させる神殿だ。「当初は屋根や壁もあるデザインだったが『空が天井、自然が壁だ』という夢を見た渡辺氏の発案で今の様式に変更された」と宣教 […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]
  • 大耳小耳2016年5月11日 大耳小耳  読者から「入れ歯(dentadura)を上手に作る歯医者を紹介してほしい」との連絡があった。なんでも「今までに聖市で2、3人ほど上手な人がいたが、年配でみな亡くなってしまった」とのこと。「聖市内で30年以上やっていて上手な人」との希望だ。日本語が出来る、入れ歯の上手なお薦めの […]