ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 停職中のジウマ大統領は16日、バイア州の支持者たちの前で、テメル暫定政権の経済政策を批判した。ジウマ氏が批判したのは「政府支出に上限を設ける」ことで、「伯国のような国では、保健や教育といった分野に制限をもうけることは許されない」とし「ゴルピスタの政策など通るわけがない」と、停職前と変わらぬ口ぶりで、テメル氏を批判した。もっとも、その教育と保健の問題で国民の欲求不満を買い、2013年開催のサッカーのコンフェデ杯で全国規模のマニフェスタソンを招いたのは誰の政権のときだったか。ジウマ氏とテメル氏の争いも、あと2カ月ほどで一区切りがつきそうだ。
     ◎
 母国メキシコ以上に伯国で長いあいだ愛されて来ている、1970年代のコメディ「シャべス」で、シャベスをはじめ主要キャラクターたちを教えるジラファレス先生役で知られた俳優のルーベン・アギーレが17日に腎不全で亡くなった。82歳だった。14年にシャベス役のロベルト・ボラーニョが亡くなったのに続く、名キャラクターの逝去となった。「シャべス」の主要キャラクターで生存している俳優も、シッキーニャやキコなど、徐々に数少なくなってきている。
     ◎
 16日のサッカーの全国選手権、コリンチャンスは、ブラジリアで行われた対フルミネンセ戦を0―1で落とし、敗戦。順位も5位に落ち、リベルタドーレス杯出場圏内のG4(4位以上)から落ちた。この試合はチッチ監督のセレソン監督が内定して以後、最初の試合だった。国内最高の監督を失ったショックからいかにして立ち直るか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]
  • 東西南北2016年4月16日 東西南北  14日のサッカーのリベルタドーレス杯、パルメイラスはホームでのリーヴェル・プレート・ウルグアイとの試合で4―0と快勝したが、その前までの戦績がたたり、勝ち点差1でグループ・リーグ突破を逃した。伯国勢はコリンチャンスとグレミオ、アトレチコ・ミネイロが現時点で16強トーナメント進 […]
  • 東西南北2016年4月20日 東西南北  伯国ではまだ、17日の下院でのジウマ大統領に対する罷免投票の余韻が残っているが、ダッタフォーリャが15~17日に行った最新調査によると、ジウマ氏の罷免賛成派の59%、反対派では79%がテメル副大統領の罷免という考えに賛成だという。ちなみに反対は前者で37%、後者で14%だった […]