ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 窃盗の多さは毎度のサンパウロ市だが、サンパウロ州政府が発表した最新のデータによると、1月から4月にかけて、サンパウロ市では実に22万5626の携帯電話が窃盗の被害にあったという。3分間に1台の割合で盗まれているというから、かなり驚異的な数字だ。しかも、前年同期比でも25%の伸びだという。最も被害に遭いやすいのはサンパウロ市一番の繁華街のパウリスタ大通りで3024台。実に1日25台ほどのペースで盗まれており、その近隣のアウグスタ通りとコンソラソン通りがそれに続いている。盗難で目立つパターンとしては、犯人が自転車やバイクで近づき、通行人の横を通り過ぎるときに盗むものだという。気をつけたいものだ。
     ◎
 2日に起こったサンパウロ市南部ヴィラ・アンドラーデでの10歳の自動車強盗イタロ君の殺害事件が話題としてくすぶり続けているが、19日夜、軍警がイタロ君の殺害された場面を再現する現場検証が行われた。イタロ君を軍警が殺害したことに関しては、「イタロ君が銃で反応したのでやむなく」とする軍警と「軍警のアリバイ工作」とする説に分かれているが、前者の説で行ったこの検証時、近隣住民から軍警に対し「ヒーロー」との声も。さて真実はいかに。
     ◎
 18~19日のサッカーのサンパウロ州選手権、好調パルメイラスはサンタクルスを3―1で勝利。インテルナシオナルと勝ち点で並んでいるが、得失点差の差で首位に立っている。また、チッチ監督を失った後遺症も気になるコリンチャンスは、ボタフォゴを3―1で下し4位に浮上。新監督クリストヴォン・ボルジェス監督の手腕に期待だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年10月25日 東西南北  20日、大サンパウロ市圏グアルーリョス市ピメンタス区の空き家で、20年ほど前から行方不明となっていたアルマンド・ベゼーラ・デ・アンドラーデさん(36)が発見された。アルマンドさんはベッドがあるだけのトイレ付の部屋に閉じ込められており、この家の近所にいるはずの麻薬の運び屋を捕ま […]
  • 東西南北2016年2月2日 東西南北  第22次ラヴァ・ジャット作戦以降、ルーラ前大統領に関する報道が過熱の様相を見せつつある。既にラヴァ・ジャット作戦が動きはじめたグアルジャー三層高級住宅のOAS改修供与問題の一方で、まだ事件には発展していないもののアチバイア別荘がオデブレヒトと共に騒がれはじめた。それに加えて、 […]
  • 東西南北2015年8月28日 東西南北  幹線道路での自動車の速度制限を時速50キロにする政策を推し進めているサンパウロ市だが、26日、サンパウロ市のオートバイ運転手の労働組合員約5千人がそれに対して抗議活動を行った。バイク運転手たちは南部のブルックリンから集団走行をはじめ、バンデイランテス大通りを経由して北上し、夕 […]
  • イベント情報2013年10月19日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年10月19日 【10/19〜10/25のサンパウロ州でのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) ※パルメイラスとコリンチャンスはファンの起こした乱闘事件の責任により、10月4週目の週末前までサンパウロ市でのホーム試合の開催禁止。 […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]