ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6月30日、聖市セントロの労働者党(PT)本部の玄関が、2度にわたる暴力行為で破壊される事態が起きた。最初は未明にガラス戸が叩き割られたが、すぐ後に、破壊行為を行った商人のエミウソン・シャヴェス容疑者(38)が警察に連行された。同容疑者は釈放後の同日午後2時頃、再びPT本部に近づき、爆弾を仕掛けようとしたが見つかり、御用となった。当時、本部には約10人の人がいたが、爆弾は爆発せず、事なきを得た。同容疑者は12~14年に急進左派で知られる社会主義自由党(PSOL)に在籍していたというが、こうした行為で左派の印象を悪くしないでほしいところだ。
     ◎
 聖市保健局発表のデータによると、1月1日~6月16日にデング熱に罹患した患者は1万5239人で、前年同期の9万9750人と比べて85%減少した。また、ジカ熱を煩った人は8人だけだったという。昨年から今年にかけて、北東伯を中心に、妊婦のジカ熱感染が原因と見られる小頭症の赤ちゃん誕生のニュースが全国をかけめぐったため、デング熱やジカ熱を媒介するネッタイシマカの発生予防対策がしっかりなされたということか。小頭症騒ぎも収まると良いが。
     ◎
 6月30日のサッカー全国選手権。パルメイラスは、攻めては欧州強豪注目の19歳、ガブリエル・ジェズスが2得点を決め、守っては38歳の守護神フェルナンド・プラスが0点に抑えるという、年齢2倍の五輪コンビの活躍でフィゲイレンセを4―0で退け、首位をキープした。ジェズスはこれで得点王争い単独トップと絶好調だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • W杯予選に虫除けプレゼント=スアレスよりジカ熱の方が怖い2016年3月23日 W杯予選に虫除けプレゼント=スアレスよりジカ熱の方が怖い  25日、サッカーの18年ワールドカップの南米予選、ブラジル対ウルグアイ戦がペルナンブッコ州レシフェで行われるが、この試合に関連し、ブラジル・サッカー連盟(CBF)が異例の発表を行った。 それは、この日、試合会場となるペルナンブッコ・アリーナに来場する観客、関係者、選手、約10 […]
  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、伯国史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の暁に […]
  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日に聖市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線がルート […]