ホーム | 日系社会ニュース | 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館

被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館

 【リオ・デ・ジャネイロ共同】8月のリオ五輪で多くの日本人が応援に訪れることを見込み、在リオ・デ・ジャネイロ日本総領事館はこのほど「安全の手引き」を作成した。ブラジルの治安の悪さは世界有数で、期間中に窃盗や強盗被害が出るのは避けられない情勢。同館は日本語訳付きの被害申告書をウェブサイトに載せている。
 総領事館は五輪大会期間中、少なくとも33件の邦人窃盗・強盗被害があった2014年のサッカー・ワールドカップ(W杯)開催時の倍に当たる約1万人の日本人訪問を見込んでいる。治安は一層悪化しており、被害件数はさらに増えるとみられることからネットで状況を公開しているという。
 リオ市の治安は劣悪で、15年の届け出ベースで人口10万人当たりの殺人件数は日本の25倍、強盗件数は660倍に達した。被害品を取り戻せる可能性はほぼないため、届けていない窃盗・強盗被害者はさらに多い。
 総領事館は特設ページを開設。ダウンロードできる「安全の手引き」では被害を避けるため、歩きながらスマートフォンを使わないことや、タクシーに乗る場合は窓を閉めるなどの対策を呼び掛けている。
 ジカ熱やインフルエンザの感染状況も随時更新するほか、日本のNPO法人などが作成したポルトガル語と日本語の対訳問診票をダウンロードできるようにしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る2016年6月16日 ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る  元サッカー日本代表監督のジーコ氏(63)が、リオ五輪に臨む23歳以下の男子日本代表について語った。1日に行なわれたジャパンハウスの会合を終えた後、取材に応じた。 「今の代表選手についてあまり知らない」というジーコ氏だが、「前回ロンドン大会でベスト4になったし、これまでの成績を […]
  • 東西南北2016年8月23日 東西南北  長い準備期間を経て開催されたリオ五輪も、2週間強の競技を終え、遂に終了した。開幕前は、やれラヴァ・ジャットだ、経済危機だ、大統領罷免だと騒がれ、ジカ熱に関しては国内外でも不安を煽る報道がされるなど、落ち着いている暇もなかったが、日程が進むにつれ、意外な競技でのメダル獲得や、お […]
  • リオ五輪は「再生の時」2016年8月23日 リオ五輪は「再生の時」  どうしてこうドラマチックなのか――ブラジルという国の動きの筋書きのことだ。国技サッカーが初金メダルを獲り〃王国〃復活の兆しを見せた五輪によって、国全体に「再生の時」という雰囲気を醸し出す気がする▼大会前は、無事に終わるのかという不安感と、不必要に莫大な資金を投じたことに強く疑 […]
  • 一部競技から支援要請も=サンパウロ市で第2回リオ五輪会合2016年6月22日 一部競技から支援要請も=サンパウロ市で第2回リオ五輪会合  在聖総領事館や日系団体などで構成されるリオ五輪サンパウロ連絡協議会が8日午後、第2回会合を行なった。リオの治安やジカ熱などの懸念事項について近況報告がなされ、来伯選手団の受け入れや観戦に訪れる邦人保護について話し合われた。 翌日、中前隆博総領事が取材に応じた。同館は来訪者向け […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]