ホーム | 連載 | 2016年 | 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子 | 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(30)

日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(30)

 兵譽(へいたか)の新しい住家となったドゥッケ・デ・カシアスの家を、エレオマルは退職金で買ったのだ。兵譽はこの友人の家に温かく迎え入れられた。それは何故このように温かく自分の世話するのかと不思議に思えるほどであった。
 三十八歳になっていた移民の兵譽は、早く食い扶持を探さなければという義務感を感じるようになった。物書きになる夢を捨てて、ドゥッケ・デ・カシアスに創設したばかりのリーデル道場で、柔道の指導者としての働き口を見つけ、職に就いた。
 その給料で土地を買い、少しずつ、寝室、応接間と台所のある小さな家を建てた。鹿児島生まれのこの侍が手にした人生最初の勝利であった。鹿児島は、一八七七年に五〇歳で亡くなった最後の侍、西郷隆盛の出身地である。
 西郷隆盛は武士道を全うするために、刀を手に最後まで戦った本当の意味での武士であり、明治維新後に急激に衰えた侍の規範を守り通した人物だった。
 兵譽は畳の上では、武芸の師としてみなに尊敬されていた。エリオとリンコンの二人の息子のうち、リンコンは父親に連れられて、父親のもう一つの職場のヴァスコ・ダ・ガマクラブへ行ったことを覚えている。英新の指導者としての腕前は認められ、サンパウロの倉知道場の祝典に招かれ、その技を披露したほどである。兵譽はリオでの生活にも慣れ、土地にも馴染んでブラジル人と同じようになっていた。
 朝はコーヒーを飲み、バターを塗ったパンを食べていた。そして、身体に悪いからと煙草も止めていた。ビールやカシャサ(砂糖黍の蒸留酒)もほとんど飲まなかった。朝、仕事に出かけ、昼食に家に帰り、ちょっと休んでから、また道場に出かけるのだった。
 夜は夕食の後、椅子とラジオを裏庭にもちだし、座って雑音だらけのラジオでニュースや音楽を聞いていた。
 兵譽は強運の持ち主だったのであろう。一九五〇年代には日本の武芸、特に柔道や空手は、日本の有名な道場出身者が移住していたこともあって、ブラジル人の関心の的となっていた時期でもあったのだ。
 その時代に、日本のスポーツ協会は公的に「段」というシステムを採択している。武道の練習生が、武芸の種目によって、9段か10段まで上り詰めることができる「段」というシステムを考案したのである。
 ブラジルの空手界で最も知名度の高い一人、瓜生サダムも、自己の技を示す場としてリオを選んでいる。彼も他の移住者と同じようにサントスに入港し、働きながら一歩ずつ目的達成に向かって精進した一人である。
 一九六〇年代より日本の武道を習得する人が増大した。それは日本のテレビ映画のシリーズ物がテレビで放映され、カッコいいヒーローが特技とする技で宇宙人や地球人をバタバタと倒していたからでもある。ブラジル全国で毎日のように新しい道場が開設され、子どもたちが白い稽古服を着て、「俺は強いんだ」という誇らしげな態度で道を歩いている光景が見られた。
 兵譽の生徒は日増しにふえたが、彼はそれを喜びもしなかった。家長として何年か過ごし、子どももでき、住む家もできた今、同じことのくり返しの毎日に物足りなさを感じ始めていたのだ。彼は自分の過去を誰にも話したがらず、家族や兄弟のことも謎に包まれたままだった。
 彼の妻のアパレシダ・マリアも自分の世界だけに閉じこもり、鬱病も悪くなる一方だった。最初のうちは、彼女がベッドから起き上がれず、泣いてばかりいるのを見て、夫も心配して「何があったのだ? どこか痛いのか? 何か欲しいのか?」と声をかけたりしていた。
 当時は患者の精神状態までは配慮されない時代だったから、貧血症だと診断され、レバー、豆、ビートー、種々のお茶や果物などを摂取するように言われていた。アパレシダ・マリアが病人扱いをされずに普通に話しているのを見かけることは珍しいほどであった。
 ある日、兵譽は気晴らしに家族を連れてコパカバーナ海岸に連れて行った。子どもたちがまだ小さい時である。エリオが三歳、リンコンが一歳だった。
 子どもたちの母親は水着になるのを恥ずかしがり、渚で足を濡らしただけだった。兵譽はそれもしなかった。砂浜で子どもたちが遊ぶのを見ているだけであった。そしてこれが、兵譽が妻にできる精一杯のサービスだった。二人の心はだんだん遠ざかっていくようだった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(10)2016年6月16日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(10)  池田アントニオ(本名・龍生)はサンパウロ州の奥地、アシス市に住んでいた。実家は大阪で狩猟用の武器製造工場をもっていたそうだが、ブラジルでは刃物製造に従事していた。たぶん、狩猟の武器との連想からか、射撃手としての名声が広まったものであろう。 彼は武器には強い関心を抱いていて、家 […]
  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(34)2016年7月27日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(34) 第14章  店主となって 戦後、リオのドゥッケ・デ・カシアス町でも、ブラジルの軍部の守護神ルイス・アルヴェス・デ・シルヴァに敬意を表して賑わっていた。特に一九六一年にペトロブラス社の製油所ができてからは、大規模な労働者の雇用があり、地域の住民を正社員として雇用していたので、ドゥ […]
  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(6)2016年6月8日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(6)  農園主が雇用者に対して行っている搾取はあきらかだった。彼らは自分たちの不正を隠そうとして、一九二九年にニューヨークの株市場で起きた世界大恐慌をたてにとって、安い賃金を支払いつづけていた。この世界大恐慌は主要銀行を倒産に追いこみ、アメリアの住宅システムの借財は膨れ上がる一方とな […]
  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(35)2016年7月28日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(35)  ブラジルで、最初にサッカーの試合に出た日本人は三浦知良選手だった。「カズ」と呼ばれていたこの選手は15歳のときに一人でブラジルに渡り、モッカのジュヴェントス・スポーツクラブのジュニアチームで練習した。彼はサントスチームや日本のサッカー代表チームで輝かしい活躍をした。イタリアで […]
  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(20)2016年6月30日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(20)  彼らに共通していたのは、後にしてきた故郷を思う気持ちだった。彼らはよく故郷の思い出を語った。 兵譽はそんな彼らの思い出話を小さな枕を頭に当てて、新聞紙のように薄っぺらなマットに横たわり、聞いていた。床に寝ることなど彼にとって何でもないことであったが、日本の家屋のように材木の匂 […]