ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨日付本紙でも報じた、英国のF1王、バーニー・エクレストン氏のブラジル人妻ファビアーナさんの母、アパレシーダさんの誘拐事件で、サンパウロ市市警が2日未明、主犯のジョルジュ・エウリコ・ダ・シウヴァ・ファリア容疑者を逮捕した。同容疑者はヘリコプターのパイロットで、これまでエクレストン氏がF1でサンパウロ市のインテルラゴス・サーキットに訪れるたびに移動用のヘリコプターの操縦を担当していたという。同容疑者がアパレシーダさんの自宅を知っていたのもそのためで、誘拐実行者として、2人の男性(既に逮捕)を雇ったという。仕事で絡んだ人が一転して誘拐犯になるのだから、油断もすきもない。
     ◎
 今年1月からサンパウロFCの監督をつとめていたエドガルド・バウザ監督が、祖国アルゼンチン代表の監督に就任するため、退団することになった。バウザ監督は、サンロレンソを南米一にした実績を買われ、名将ムリシー監督の後を受けて就任したものの、サンパウロでの成績は18勝17敗13分と期待したほどではないまま、チームを去ることになった。今や同監督も司令塔のガンソも去ったサンパウロ。再建は誰に託す?
     ◎
 7月のカンタレイラ水系に降った降水量はわずか5・9ミリに終わった。5月は中旬のみの雨で月間平均を超え、6月は平年の3倍も雨が降った同水系だが、7月の降水量は4月に続いて今年2度目の一桁。この秋冬は例年になく、極端な降水状態となっている。例年なら、8月は1年で最も降水が少ない月として知られているが、今年はどうなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯2019年12月10日 佛心寺創立・曹洞宗南米布教総監部開設60周年祝う!=日欧米州から大挙慶祝来伯  曹洞宗両大本山南米別院佛心寺(采川道昭住職)は、同寺の創立及び南アメリカ国際布教総監部開設60周年を迎え、記念行事を11月22~24日、サンパウロ市リベルダーデ区の同寺で執り行った。日本、フランス、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイなどから60人以上の僧侶が来伯し、 […]
  • 東西南北2019年10月1日 東西南北  1日より、サンパウロ市のバスや地下鉄・CPTMで使用されているビリェッテ・ウニコに関して新たな使用制限が加わった。14年以前に発行され、使用者を特定できる顔写真入りではないもので、残高が43レアル以上のビリェッテはブロックされて使えなくなる。裏に52、59、110の番号が書か […]
  • 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す2019年9月17日 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す  14、15日にかけてサッカーブラジル全国選手権1部リーグ第19節の10試合が行われた。  全38節の折り返しとなる第19節で、もっとも注目されたのは1位フラメンゴと、2位サントスFCの直接対決だ。  マラカナン競技場に6万8千人を超える大観衆を集めたこの試合は、フ […]
  • 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦2019年8月21日 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦  8月29日と9月1日に行われる親善試合を前に、女子サッカーのブラジル代表メンバー23人が20日に発表された。  6月から7月にかけてフランスで行われた女子ワールドカップで16強敗退に終わったブラジルは、来年の東京五輪に向けて、直近3回の五輪で全て決勝進出(2008年 […]