ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 依然としてトラックストが続行中のブラジル。今回のストは国民の多くが支持していると世論調査では出ているが、その一方で、本来の「組合がディーゼル油の価格値上げに反対する」という主張そのものとかけ離れたことも起こりはじめている。例えば、封鎖を行っているトラック運転手がストには関係のない企業の車を強制的に止めたり、政府への軍の介入を話し合ったり。国民も「ネット」という、ある種の言論の自由がある場所で、医療機関の破綻や家畜の大量死の報道を「政府に加担するマスコミの嘘」などと叫んだり、同じく軍事介入を望んだり。彼らが今後、これが何の目的ではじめたストだったのかを忘れなければ良いが。
     ◎
 25日、サンパウロ市モオッカ区の集合住宅の中のひとつの家屋で火事があり、5歳と3歳、生後5カ月の赤ちゃんの3人が死亡した。この火事は、この3人の子どもの母親が、近くの住人に食べ物を求めるために出かけた一瞬の間に起こったという。近隣住人はバケツを回して懸命に消火作業に当たったが、助からなかったようだ。子どもたちの遺体は炭化した状態で見つかり、母親はショックで倒れて、病院に運ばれたという。
     ◎
 ストの大混乱の中でも26、27日のサッカーの全国選手権は予定通り行われた。コリンチャンスとパルメイラスが共に敗戦を喫する波乱の中、サンパウロが対アメリカMG戦で快勝。順位もサンパウロ市の2大ライバルを抜いて4位に浮上と、ここ数年の不振の中では久しぶりに明るい話題を得た。残念ながら、国民がストでそれどころでないために、注目度は低いが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年10月3日 東西南北  サンパウロ市を連日、猛暑が襲っている。9月30日には、1943年の観測開始以来、史上2番目となる37・1度を記録した。翌10月1日も2日連続でこの気温を記録。市内でも観測する場所によっては45度を記録しただとか、バスの車内だと39度だったとの報告も行われており、いずれにせよ「 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]