ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 依然としてトラックストが続行中のブラジル。今回のストは国民の多くが支持していると世論調査では出ているが、その一方で、本来の「組合がディーゼル油の価格値上げに反対する」という主張そのものとかけ離れたことも起こりはじめている。例えば、封鎖を行っているトラック運転手がストには関係のない企業の車を強制的に止めたり、政府への軍の介入を話し合ったり。国民も「ネット」という、ある種の言論の自由がある場所で、医療機関の破綻や家畜の大量死の報道を「政府に加担するマスコミの嘘」などと叫んだり、同じく軍事介入を望んだり。彼らが今後、これが何の目的ではじめたストだったのかを忘れなければ良いが。
     ◎
 25日、サンパウロ市モオッカ区の集合住宅の中のひとつの家屋で火事があり、5歳と3歳、生後5カ月の赤ちゃんの3人が死亡した。この火事は、この3人の子どもの母親が、近くの住人に食べ物を求めるために出かけた一瞬の間に起こったという。近隣住人はバケツを回して懸命に消火作業に当たったが、助からなかったようだ。子どもたちの遺体は炭化した状態で見つかり、母親はショックで倒れて、病院に運ばれたという。
     ◎
 ストの大混乱の中でも26、27日のサッカーの全国選手権は予定通り行われた。コリンチャンスとパルメイラスが共に敗戦を喫する波乱の中、サンパウロが対アメリカMG戦で快勝。順位もサンパウロ市の2大ライバルを抜いて4位に浮上と、ここ数年の不振の中では久しぶりに明るい話題を得た。残念ながら、国民がストでそれどころでないために、注目度は低いが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]