ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市ジャパンハウス=和紙職人匠の技、ブラジル人に伝授=日本の美意識、共同作業で発信へ

サンパウロ市ジャパンハウス=和紙職人匠の技、ブラジル人に伝授=日本の美意識、共同作業で発信へ

和紙のばらつきを見極める小林さん

和紙のばらつきを見極める小林さん

 2017年3月にサンパウロ市で開設を目指す、日本政府による広報文化施設ジャパンハウス(JH)。その天井や壁、扉の一部内装材を手掛けるため、越後門出和紙代表の小林康生さん(62、新潟)が先月26日に来伯した。サンパウロ州イタイアツーバ市にある戸田建設の倉庫内で、ブラジル人従業員に製作方法をみっちりと伝授し、外国での初仕事を終えて5日帰国した。
 今事業はJHの設計デザインを監修する建築家、隈研吾さんから依頼を受けたもの。和紙と金属の融合に挑戦するという世界初の試みという。小林さんは「伝統は時代の中で変わりゆくもの。これが将来の新しいスタイルとなるかも」と、期待に胸を躍らせる。
 JH地上階を覆う内装材は、楮の白皮を原料とした和紙を溶解させた液体に、エキスパンドメタルという網状加工された金属を濾し、付着したものを天日乾燥させて完成される。表情豊かに見えるよう、天井部は和紙を立たせるなどの趣向を凝らしており、一月には新潟でテストをしてきた。
 同地では二日がかりの作業だったが、当地では乾燥が速く時間は半分に短縮できた。現場も和気藹々としており、「初めてやる仕事なので、皆同級生みたいなもの。人間のやる仕事なので完璧は目指していない」と語る。
 和紙の付着がまばらな箇所もあるが、「そのほうが自然でいい。これが日本の美的感覚」とうなずく。「化学の白は光を反射するが、自然の白は光を吸収する」と語り、自然を感じさせる柔らかな空間となりそう。今後は、ブラジル人従業員が作業を引継ぎ、約1千平米の内装材を完成させる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • JH=「PIXの次に来るものは?」=オーブンバンキングとは何か2021年6月5日 JH=「PIXの次に来るものは?」=オーブンバンキングとは何か  聖市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は8日午前9時半に、ウェビナー「金融の変革―Pixの次に来るものは何か」をNECと共に開催する。銀行業界の専門家や経営者を招き、テクノロジーの進歩がもたらす影響について語られる。  ブラジル中央銀 […]
  • 在サンパウロ総領事館=栄えある外務大臣表彰を伝達=個別にオンラインで授賞式=「皆さんの支えのおかげ」2021年5月27日 在サンパウロ総領事館=栄えある外務大臣表彰を伝達=個別にオンラインで授賞式=「皆さんの支えのおかげ」  【既報関連】在サンパウロ総領事館(桑名良輔総領事)は、5月10日~18日にかけて「令和2年外務大臣表彰」サンパウロ管内の受賞者9人に、オンラインで個別授賞式を開催した。その内の4人に受賞した現在の気持ちを電話取材した。  サンパウロ州立交響楽団の児童合唱団指揮者で「エコ […]
  • JH=人気作家・村田沙耶香氏講演=代表作は『コンビニ人間』など2021年5月18日 JH=人気作家・村田沙耶香氏講演=代表作は『コンビニ人間』など  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は20日(木)夜8時から、小説家の村田沙耶香氏のオンライントークイベント(講演会)を開催する。  同氏の代表作『コンビニ人間』は2016年の芥川龍之介賞受賞作。36歳未婚で彼氏なし、コンビ […]
  • JH=「東京五輪100日前」シリーズ=前回の遺産、東京湾など紹介2021年4月27日 JH=「東京五輪100日前」シリーズ=前回の遺産、東京湾など紹介  聖市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は、同州政府が発表した聖州経済活動再開計画フェーズにより休館となっている。だが休館期間中もウェブサイト上やSNSなどでオンラインコンテンツによる企画を実施している。  東京五輪の開始となる7月23 […]
  • 日伯宇宙WEEK開催中=現役の野口飛行士も参加2021年4月6日 日伯宇宙WEEK開催中=現役の野口飛行士も参加  駐ブラジル日本国大使館(山田彰特命全権大使)と在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)、ジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が4月5日(月)~11日(日)にオンラインイベント「日伯宇宙WEEK」をブラジルの「世界天文学の日(8日)」にあ […]