ホーム | 日系社会ニュース | 邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間

邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間

 【リオデジャネイロ共同】在リオ日本総領事館は12日、リオ五輪が開幕した5日から11日までの1週間に日本人の犯罪被害は強盗やすりなど計9件だったと発表した。総領事館で把握していないケースもかなりあるとみられ、実際の被害はより多そうだ。けがをした人はいないとしている。
 内訳は、すりが5件、強盗が2件、置引が2件。総領事館は、外国人観光客が多く集まる場所で犯罪が多発しているとして「邦人被害のクライム・マップ」を総領事館のウェブサイトの五輪特設ページで公開し、注意を呼び掛けている。
 強盗2件は、開会式が行われた競技場があるマラカナン地区で発生。短銃や刃物で脅され、スマートフォンや財布などを奪われている。
 すり被害は観光名所コパカバーナ地区にあるビーチバレー会場などであり、かばんやポケットから財布やスマートフォンが盗まれた。置引は西部バーラ地区の五輪公園の柔道会場などで発生。床に置いたかばんなどが盗まれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ五輪=最も観られたのは開会式=種目別ではやはりサッカー2016年8月27日 リオ五輪=最も観られたのは開会式=種目別ではやはりサッカー  ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)によると、ブラジル人がリオ五輪期間中のテレビ放映で最も観たイベントは開会式で、種目別ではサッカーだった。  調査対象となったのは、サンパウロ、リオデジャネイロ、ベロ・オリゾンテ、ポルト・アレグレ、クリチバ、サルバドール、レシフェ、 […]
  • 柔道のラファエラが凱旋行進=スラムの子供達にも新たな夢2016年8月25日 柔道のラファエラが凱旋行進=スラムの子供達にも新たな夢  リオ五輪の柔道金メダリストのラファエラ・シウヴァ(24)が22日、リオデジャネイロ市西部のファヴェーラ(スラム)シダーデ・デ・デウス(CDD)で凱旋行進を行った。 […]
  • 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる2016年8月10日 「パリの方が蚊がいる」=仏メディアがリオ五輪ほめる  リオ五輪開幕から4日、現在のところ大きな問題もなく開催されているリオ五輪だが、フランスの新聞「フィガロ」紙のサイトが、リオ五輪の運営状況をほめる報道を行っている。 同紙サイトの記事は、契約者以外に読めないシステムになっているが、同国の全国ネットのラジオ局RFI局が記事の要約を […]
  • 五輪柔道=期待の日系2人、夢破れ=知花は初戦敗退、海老沼に=キタダイ健闘もメダル届かず2016年8月10日 五輪柔道=期待の日系2人、夢破れ=知花は初戦敗退、海老沼に=キタダイ健闘もメダル届かず  【リオ発=小倉祐貴記者】南米初の五輪リオデジャネイロ大会が開幕を迎え、6日に柔道男子60キロ級のキタダイ・エイジ・フェリペ(27)が、翌日に同66キロ級の知花コウシロウ・チャールズ(26)が登場した。共にメダル獲得を目標に掲げていた日系三世だが、表彰台には到達できず。期待され […]
  • 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」2016年8月9日 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」  【リオ発=小倉祐貴記者】第31回夏季五輪が5日夜、リオデジャネイロで華々しく幕を開けた。午後8時から始まった開会セレモニーに対し、会場のマラカナンスタジアム周辺は歩行者も入場制限の対象に。治安やテロへの課題も指摘された南米初の五輪だったが、厳重な警備の下、そうした不安を一蹴し […]