ホーム | 日系社会ニュース | リオ五輪=ラファエラを世界の頂点に=寄り添った指導者・藤井裕子=(中)=優勝宣言、熱い抱擁で決戦へ

リオ五輪=ラファエラを世界の頂点に=寄り添った指導者・藤井裕子=(中)=優勝宣言、熱い抱擁で決戦へ

準決勝に臨むラファエラ(左)。ルーマニアの選手を相手に果敢に攻める(Foto: Roberto Castro/Brasil2016)

準決勝に臨むラファエラ(左)。ルーマニアの選手を相手に果敢に攻める(Foto: Roberto Castro/Brasil2016)

 ラファエラは「反復練習が大嫌い。試合のビデオを見るのも嫌がる」というような根っからの〃自由人〃だった。
 そのため「いかに楽しませながら、遊び感覚で畳に上げるか」を重要視した。『こうしなさい』ではなく『こうしてみたら?』。『今の良い感じじゃん! もう一回やってみなよ!』というニュアンスの言い回しだ。
 技術を押し付けるのではなく、同じ視点に立った者の言葉を意識して距離を縮めていく。
 これは藤井さんの指導スタイルとも相まった。親近感を持って選手に接する指導が、特徴の一つだったからだ。そういう意味では、「初めて会ったときから相性が良かった」とも。
 次第にラファエラも信頼を寄せるようになり、柔道を離れても共に過ごす時間が増えた。仲間とのシュラスコや、藤井さんに長男(現在2年7カ月)が生まれたときも、ラファエラが病院に見舞いに訪れるような関係になっていた。
 今振り返って「根気が必要だった」とは言うが、その言葉にはいわゆる「苦労した」という雰囲気は漂っていない。お互いが長所を伸ばせるような関係性だったことがうかがえる。そして8月5日。南米初開催となるリオ五輪開幕の日を迎えた。
 柔道競技の初日は6日。軽量から順に始まり1日ごとに区切られる。57キロ級のラファエラの出番は3日目。男子ではキタダイ・フェリペ、知花チャールズが破れ、女子でもメダルを期待された2選手、サラ・メネゼス、エリカ・ミランダまでもが涙を呑んだ。
 藤井さんはコーチという立場上、当日でも、リオ郊外マンガラチバの合宿拠点を離れることができなかった。柔道は試合前日に選手村へ入るため、後に続く選手の指導に当たらなければならなかった。
 愛弟子を送り出す時は、こみ上げる涙をグッとこらえた。「一番密に過ごした選手。最後の大舞台を前に、彼女の頑張りを思い出したり、一緒に会場へ行けない思いなど、いろんな感情が混ざり合った」。
 それでも、マイナスな感情では見送れないと我慢した。そんな心境にラファエラも気付いたようで、「もう(優勝する)準備はできてるよ。センセイも準備しておいて」と力強い宣言をし、逆に励ました。二人は熱い抱擁を交わし大舞台へと臨む。
   ■   ■
 試合は全てトーナメント(勝ち抜き)制で、昼過ぎまでの第一部と、準決勝からの第二部に分かれる。ラファエラは初戦を一本勝ちで制し、続く2、3回戦も優勢勝ちを収めた。頂点まで残り2試合。藤井さんも稽古に一段落ついたところで、昼過ぎからの中継をテレビの前で見守った。
 準決勝が始まる前のラファエラは「入場の時に覚悟を決めた顔つきになっていた」と話す。「五輪は番狂わせもあるが、勝つと決めた選手が優勝する大会だ」と感じていたため、期待が膨らんだ。
 ただし試合では苦戦を強いられた。均衡した展開となり延長へ。お互い我慢が必要な耐久戦だ。ラファエラにとっては弱みが出やすい状況でもあった。(つづく、小倉祐貴記者)


□関連コラム□大耳小耳

 ラファエラ・シルバと藤井裕子コーチは、家族同様の付き合いをする。生まれてくる藤井さんの子に、ラファエラから「ラファエルと名付けて」と進言を受けたりしたとか。でも「いや、それはナイから」と楽しく言い合う間柄に。結局、冗談を受け流し「清竹」と命名。ただニックネームはラファエルで決まり?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催2018年8月2日 ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催  2020年7月24日に開幕する東京五輪まであと2年を切り、7月31日付ブラジル現地紙が「今年中に五輪出場権が決まる種目」として、はやくも18年中に出場、不出場の命運が分かれる種目や選抜の様子を伝えている。  同記事で紹介されている種目中、最も早く五輪出場権が決まるの […]
  • 2017年11月25日 《ブラジル》南米初、10段を取得=柔道家の篠原正夫さん=77年の精進に赤帯  「柔道を始めてから77年、家族や友人、関わった全ての人にお礼が言いたい。ムイト、ムイト・オブリガード」――柔道家の篠原正夫さん(92、二世)がそう感謝を述べると、会場から大きな拍手が贈られた。ブラジル柔道連盟(シルビオ・アカシオ・ボルジェス会長)が17日夜、1篠原さん […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]
  • 柔道「東京五輪で勝って泣く」=リオで涙呑んだマリアナさん=(下)=3年後の日本で恩返し誓う2017年5月16日 柔道「東京五輪で勝って泣く」=リオで涙呑んだマリアナさん=(下)=3年後の日本で恩返し誓う  日本ではひたすら基礎練習の繰り返し。その成果がいきなり実ったのか、全国の高校1年生が出場する新人戦県大会で優勝を果たす。その後も中国地方で上位進出の常連になった。2年生になった06年にはインターハイで全国3位にもなった。日本でめきめきと頭角を現し、高校卒業後に帝京大学 […]
  • 新日鉄がミナスで柔道交流=銅メダリスト=西山さん3都市で指導=楽しさや技伝え、継続視野に2017年3月25日 新日鉄がミナスで柔道交流=銅メダリスト=西山さん3都市で指導=楽しさや技伝え、継続視野に  【ベロ・オリゾンテ発=小倉祐貴記者】2012年ロンドン五輪の柔道男子90キロ級銅メダリスト、西山将士さん(31、山口)が12日からブラジルを訪れ、ミナス・ジェライス州3都市で柔道指導を行なった。競技を通じた地域交流を目的として、西山さんが勤務する新日鉄住金が実施した。現地 […]