ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市北部にある、名門サッカー・チームのポルトゲーザの本拠地、カニンデー・スタジアムが11月7日に入札にかけられる予定だ。これは元選手のチアゴ・デ・モラエス・バルセロスがポルトゲーザを相手取って起こした裁判で500万レアルの支払いが命じられたのに半額しか払われないため、再訴訟を起こしたもので、ポルトゲーザ側はなんとか入札を阻止しようとしている。「ルーザ」の愛称で市民に知られるポルトゲーザだが、ここ数年は不調で、現在行われている全国選手権では所属は3部。しかも4部降格の危機にある。地下鉄1号線のポルトゲーザ・チエテ駅からも見える有名なスタジアムなのだが。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄6号線の工事を担当するコンソーシアムが5日、財政問題を理由に、無期限で工事を停止すると発表した。6号線の通称は「オレンジ線」で、大学名のつく駅も出来るはずであることから「大学線」とも呼ばれている。コンソーシオ参加企業にはオデブレヒト、ケイロス・ガルヴォン、UTCエンジェニャリアと、ラヴァ・ジャット作戦の疑惑建設会社の名がずらりと並んでいる。ブラジランジア~サンジョアキンをつなぐ6号線は18年完成予定が21年目処と変更されていたが、これで白紙に。
     ◎
 サンパウロ州交響楽団の指揮者として知られるジョン・ネシリング氏が、サンパウロ市市立劇場の総合演出家の役職を剥奪された。同氏はかねてから、同市で問題となっていた同劇場を舞台とした贈収賄問題に深く関与しているとささやかれていた。どこの世界でも似たような不正が聞かれる今日この頃か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出2018年12月28日 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出  2018年もブラジルでは大きなニュースが相次いだが、その中から特に大きなものを10選び、改めて紹介する。  1位はジャイール・ボルソナロ氏の大統領選勝利だ。同氏の勝利は、ただ単に「極右候補が勝った」という性質のものではなく、9月6日にミナス・ジェライス州で起きた刺傷 […]
  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボルソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • まるで「ロッキードの後の2・26」2018年10月19日 まるで「ロッキードの後の2・26」  大統領選はどうやらジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、ブラジルや南米があたかも左翼勢力の支配の抑圧下に置かれている […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]