ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 1日に起こったサンパウロ市セントロの24階建てビルの倒壊事故で改めて浮き彫りになったサンパウロ市の住宅不足の問題。7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市では現在、35万8千軒の住宅が不足しており、それを解消するために市が必要な投資は460億レアルだという。17年に市が提供できた物件数は7千軒で、これだと現状で不足している住宅数のわずかの2%に過ぎない。同市の大衆住宅建設や改築は、州や国からの資金待ちであることも、問題解決を困難にしている。ブルーノ・コーヴァス市長は2020年までに、2万5千軒を提供することを目標としているようだが、それでもまだ7%分に過ぎず。今後もサンパウロ市の重い課題になりそうだ。
     ◎
 昨日午前10時より、今年度の国家高等試験(ENEM)の申し込みがはじまっている。受験希望者は18日までに公式サイトで登録を行い、23日までに受験料82レアル(事前に申し込んだ人には免除あり)を支払わなければならない。ブラジルの大学入試でかなり重要な意味を持つこの試験の今年の実施期日は11月4日と11日だ。例年、土日の2日間のイメージが強いが、今年は2週続けての日曜なので間違いのないよう。
     ◎
 6日に行われたサッカーの全国選手権。サンパウロ州4強はパルメイラスがアトレチコ・パラナエンセに3―1で快勝。コリンチャンスとサンパウロはセアラーとアトレチコ・ミネイロにいずれも1―1で引き分け。また、サントスはグレミオに1―5で惨敗した。現時点で首位はフラメンゴだが、パルメイラスが2位、コリンチャンスが3位で追う状態だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • サッカーU20南米選手権=ブラジルは期待のヴィニシウスJr.を招集できず=黄金世代のはずもサントスFCロドリゴ頼み2018年12月14日 サッカーU20南米選手権=ブラジルは期待のヴィニシウスJr.を招集できず=黄金世代のはずもサントスFCロドリゴ頼み  ブラジルサッカー連盟(CBF)は13日、来年1月にチリで開催されるサッカーU20南米選手権の代表選手を発表した。この大会は、同年6月にポーランドで開催されるU20ワールドカップの予選も兼ねており、上位4チームが出場権を獲得できる。  本来この世代は、2017年のU1 […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]