ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 新型コロナウイルスの災禍の影響は至るところで出ているが、今回、多くのブラジル人にとって重要ではあるが、ある意味で意外な分野での影響が発覚した。グローボ局のノヴェーラ(ドラマ)撮影が出来なくなったのだ。同局は、「皆が抱き合い、握手をし、キスをして、パーティーに興じ、ときには喧嘩する。こうしたシーンの登場しないドラマなど作れない。だが、今日はこうしたシーンを安全に撮影できない」との声明を発表した。大量にあるグローボのドラマ枠は順次中断し、ニュース番組への差し替えが始まるが、深刻なコロナ関連ニュースばかり見ていて心が病む可能性は?
     ◎
 欧州と南米で開催される予定だったサッカーの大陸選手権が、17日に1年延期となった。欧州選手権は欧州12カ国で分散開催、南米選手権はアルゼンチンとコロンビアで共同開催の予定だった。ほとんどの国でリーグ戦が中断しており、未消化でたまった日程を、大陸選手権用に空けておいた期間で消化するためだ。6~7月に行われるはずだった両大会が延期された今、7~8月にかけて行われる予定の東京五輪の命運や如何に。
     ◎
 週明けから、南米諸国は続々と国境閉鎖措置をとってきた。国境閉鎖といっても、既に入ってしまっていた外国人の扱いは様々だ。出国する分はOKという国もあれば、出国も禁じる国も。4月1日までは外国人の出国も原則禁止としたペルーでは、コロナウイルスの影響でホテルも閉まるなどで、同国に取り残されたブラジル人が途方にくれているとか。ブラジル外務省が交渉中だが、果たして無事に帰国できるのか?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も2021年1月15日 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も  ボルソナロ大統領は12日、米国の自動車大手フォードがブラジルで生産終了すると発表したことについて訊かれ、「彼らは隠しているが、本当は助成金が欲しかったんだ(Faltou a Ford dizer a verdade, né? Querem […]
  • 東西南北2020年12月22日 東西南北  グローボ局のノヴェーラで「おばあちゃん女優」として有名なニセッテ・ブルーノが20日、リオ市南部の病院の集中治療室でコロナウイルス感染症により亡くなった。87歳だった。1933年生まれのニセッテは20代だった50年代に夫と共に劇団を旗揚げし、テレビ草創期のノヴェーラでも活躍。グ […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]