ホーム | 日系社会ニュース | ピラールで敬老会、和やかに=文協会員ら世代越え楽しむ

ピラールで敬老会、和やかに=文協会員ら世代越え楽しむ

表彰された敬老者ら

表彰された敬老者ら

 ピラール・ド・スール文協の敬老会が先月18日、同文協会館で開催された。会員に加え地元市長も参加し、151家族94人の表彰を祝った。
 開拓先没者を偲び黙祷後、開会あいさつに立った阿部勇吉会長は「昨年よりも該当者が5人増え、80歳以上が半数に。食事に注意し、適度な運動をして長生きしましょう」とエールを送り健康を祈願した。
 日本語学校を代表して横飛由美さん(14)が登壇。「おばあちゃん、おいしいご飯を作ってくれてありがとう。おじいちゃん、私たちを田舎に連れて行ってくれてありがとう」と、日ごろの感謝の気持ちを伝えた。
 表彰では最高齢者となる宮崎マサさん(94)らの名前が一人ずつ呼ばれ、老壮会の安藤禎重会長が代表して謝辞を述べた。景品には、前日から青年会が協力して心を込めて作ったお弁当や紅白の餅、寺尾貞亮さんが地元で生産・販売するプロポリス、日本語学校生徒より手作りのプレゼントなどが贈られた。

会場を盛り上げる日語学校生徒の発表

会場を盛り上げる日語学校生徒の発表

 表彰後は和やかに記念撮影が行われ、昼食会へ。5~15歳の全生徒による合唱や幼稚園児の体操、高学年生の足踏みや体を叩きリズムを取る「ボディスラップ」、ソーラン節などで会場に花を添えた。
 婦人会、日本語学校母の会、教師による踊りも3曲披露された。近年は約50人の青年も加わり、世代を越えて団結力が高まっている。グループのまとめ役である南夏子さん(76、二世)は、「毎年こうやってお母さんたちや先生たちが協力してくれているので本当にありがたい。今年は日本語学校の米村麗華先生がすごく手伝ってくれたから助かった」と笑顔で感謝した。
 余興は二時間に及び、子どもや若者による発表で終始活気に満ち溢れ、参加した高齢者らは孫・ひ孫の発表を温かい目で見守りつつ楽しんだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月19日  17日にパラグアイで行われたリベルタドーレス杯決勝第1戦で、アトレチコ・ミネイロは0—2でオリンピアに敗れた。ミネイロは若きエース、ベルナールの準決勝でのイエローカード累積による出場停止が響いた。本拠地での第2戦での奮起が期待される。だが、 […]
  • マナウス・カントリークラブ=月例コンペで和気藹々2013年1月12日 マナウス・カントリークラブ=月例コンペで和気藹々 ニッケイ新聞 2013年1月12日付け  マナウス・カントリークラブ(ヴラジミール・ミツオ・タケダ)は12月16日に月例コンペ、12月22日に電気コンペ(電気関連会社の駐在員を中心に開催されていたコンペ)をクラブで開催した。 […]
  • 《ブラジル》JICA=野球指導員は過去最高14人=東京五輪に向け競技人口増へ=青少年の健全育成にも期待2018年6月7日 《ブラジル》JICA=野球指導員は過去最高14人=東京五輪に向け競技人口増へ=青少年の健全育成にも期待  ブラジルで野球を指導する長期派遣のJICA青年ボランティアは現在、過去最高の14人。日本政府は2014年から東京五輪に向けた国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」を実施しており、その一環でボランティア数を増やしている。従来の「日本式」の指導に加え、野球を教育のツ […]
  • 「浮世絵春画の春」=基金が4回のミニ講座2007年8月23日 「浮世絵春画の春」=基金が4回のミニ講座 2007年8月23日付け […]
  • マリアナの鉱滓ダム決壊で重金属汚染判明2018年3月29日 マリアナの鉱滓ダム決壊で重金属汚染判明  18日~23日にブラジリアで開催された世界水フォーラムでは、鉱滓ダム決壊や洪水といった災害も話題になった。残念だが、これらの災害はブラジルでも頻繁に起きている▼中でも、15年11月にミナス州マリアナ市で起きた鉱滓ダム決壊事故は、ブラジル最大の環境破壊を招いた。大量の鉱滓が民家 […]