ホーム | 文芸 | 刊行 | 「現代ブラジル事典」=商議所で取り扱い開始

「現代ブラジル事典」=商議所で取り扱い開始

表紙

表紙

 ブラジル日本商工会議所が刊行した書籍『新版 現代ブラジル事典』の取り扱いが始まった。同会議所(Av. Paulista, 475, 13o. andar)が170レアルで販売している。
 2005年の旧版から全面刷新、主に00年代以降のブラジル動向に焦点を絞ったブラジル情報が網羅された最新版。
 編集担当者は「わかりやすい記述と、豊富な図版資料で初学者からビジネスマンまで幅広い層にご満足頂ける内容」と話し、購入を勧めている。
 支払いは現金または小切手。地方発送も可。問い合わせは同会議所(11・3178・6233)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民の日=サンゴンサロで慰霊ミサ=「生きるために出発した日」2019年6月22日 移民の日=サンゴンサロで慰霊ミサ=「生きるために出発した日」  今年もブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)主催の先駆者慰霊ミサが午前8時から、サンパウロ市のサンゴンサロ教会で行われ、約80人が出席し、先人たちへの感謝と哀悼の意を捧げた。  ミサは、主司式司祭の松尾繁詞(しげし)神父(86、長崎県)によって粛々と進行。聖書の […]
  • 愛知県人会新役員=豊田会長が続投2010年4月24日 愛知県人会新役員=豊田会長が続投 ニッケイ新聞 2010年4月24日付け  ブラジル愛知県人会は2月7日に定期総会を開催し、2010―11年度の新役員を決定、豊田瑠美会長が再選された。詳細は以下の通り。(敬称略、会長と副会長以外は第1のみ) […]
  • 連邦政府が大型の予算削減=一般支出で150億レ?=正式発表前に財相が語る=基礎的収支の目標達成は2013年7月31日 連邦政府が大型の予算削減=一般支出で150億レ?=正式発表前に財相が語る=基礎的収支の目標達成は ニッケイ新聞 2013年7月6日  ギド・マンテガ財相が5日朝、グローボ局のインタビューに応え、150億レアル規模の予算削減を行う予定である事を明らかにした。正式発表は来週だが、国内総生産(GDP)の2・3%以上の基礎的財政収支黒字額確保のため、一般支出を削減せざるを得ない事情 […]
  • 水野龍を巡る二つの講演=知られざる功績と航海日誌秘話=(上)=カフェーパウリスタ1号店は大阪府箕面2017年2月2日 水野龍を巡る二つの講演=知られざる功績と航海日誌秘話=(上)=カフェーパウリスタ1号店は大阪府箕面  水野龍がコーヒーを日本に広めたという隠れた功績を象徴する「カフェーパウリスタ」と、長年日の目を見ることがなかった彼の「笠戸丸航海日記」という重要なテーマに関して、サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)とブラジル日本移民史料館(森口イグナシオ運営委員長)が共催して19日 […]
  • 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』2017年7月28日 数十年に一度の大仕事『ブラジルの大地に生きる』  コロニア人物紹介本で、これほど網羅した本はもう二度と出版されないかも――このほどサンパウロ新聞から出版された『ブラジルの大地に生きる』(392頁)のことだ。なんと2年半かけて北はアマゾンから南は南大河州まで、靴をすり減らして歩き回って120人も取材した労作だ。  う […]