ホーム | 連載 | 2016年 | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(4)=新しい「故郷巡り」始まる

第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(4)=新しい「故郷巡り」始まる

見るからに元気な武内マリエさん

見るからに元気な武内マリエさん

 「ゲートボールが大好き。この間、ゴヤスの大会で1位になったのよ」と元気ハツラツの武内マリエさんに年を聞くと、「92歳」とのこと。驚くほど生命力にあふれている。パラナ州に近い聖州最西部オーリーニョス生まれの二世だ。当たり前だが、移民108年目だけに、初期移民から生まれた二世はすでに90代だと痛感する。
 「戦前から陸上をやっていた。オーリーニョスのコレジオで100メートル走やって1番になったこともあるわ。それで汽車でサンパウロ市の大会の出場資格を得て、カンポ・チエテ(同クラブ)でやった陸上大会にも出場した」とのこと。戦前の女性陸上選手は少ないだろう。
 亡夫は西本願寺僧侶だった武内此生(しせい)さん。今は100アルケールの大農場主で、息子が主に大豆生産をしているという。

 9月30日午後7時から先亡者慰霊法要が始まり、霊友会の安光ペドロさん(72、二世)の南無妙法蓮華経の読経に信者らが厳かに唱和した。

霊友会によって先没者慰霊法要が行われた

霊友会によって先没者慰霊法要が行われた

 安光さんは奥ソロのプレジデンテ・プルデンテから70キロの山の中で生まれた。「親父が日本語の名前で出生届を出そうとしたら、ダメだと言われた。戦争中(1944年4月)だったので、日本人差別が酷く、山の中の方が安全だと考え、隠れるようにして住んでいた」とのこと。
 1962年に4大集団地の一つ、パラナ州の誇るアサイ移住地へ。66年にウマラマへ移った。すぐに日本人会の手伝いを始め、かつては副会長までしていた。
 会館敷地は5アルケールもあり、野球場3つ、サッカー場2つ、ゲートボール場4つもある。1992年にはJICAの資金で二階建ての立派な学生寮を建設。今も13人が居住する。会館は今年170平米分拡張し、建物全体では約700平米にもなるという。
 交流会では安立会長が「去年はリオから100人が交流にきた。なんでも、皆さんの故郷巡りのコピーをして始めたとか。このような交流会は大歓迎です」と挨拶すると、本橋幹久団長(県連元会長)が故郷巡りの主旨を説明した。
 州を越えた地方日系団体同志の横のつながりを作る、そんな新しい形の「故郷巡り」が始まっているようだ。聖市文協が常に中心にいる必要はない。県連のツアーに触発されて、地方同士の自主的な絆が深まっている。さらに広がって欲しい素晴らしい取り組みではないか。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(12)2016年11月15日 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(12)  1958年に同郷会の呼び寄せで渡伯した会田(あいた)さんは、最初の4年間、聖州ピンダモニャンガーバに入り、4年後の1962年にグアイーラに移った。以来、ここに根を張り、農業で生き抜いていた。 […]
  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • 第七十回全伯短歌大会2018年9月19日 第七十回全伯短歌大会 ■互選高得点歌■ ◎一位・(四三票)   木村 衛    四番   苛酷なる試練に堪えし人々のゆとりの短歌味わい深し(三六票)   一四番   ひたすらに夢追い続け年重ね酒杯を重ぬ人恋いし夜(七票) ◎二位・(三八票)   山元治彦   六〇番 朝やけにむかい […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • レビィ次期財相、トンビニ中銀総裁、バルボーザ次期企画相(Fotomontagem - GERJ, Agência Câmara, PR)2014年12月5日 次期経済舵取り人勢ぞろい=どうなる今後のブラジル経済=駒形 秀雄  全国民が参加した選挙をへて、新年1月からジウマ大統領による新内閣が発足します。どの内閣でもその経済政策、運営がどうなるか、国民の注目を集めるところですが、この11月27日、新しい経済閣僚の〃おひろめ〃があり、その考え方などがマスコミを通じて紹介されました。紹介 […]