ホーム | 連載 | 2016年 | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(6)=何気ない朝食でアントニオ猪木

第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(6)=何気ない朝食でアントニオ猪木

笹島トヨコさん、弘美さん

笹島トヨコさん、弘美さん

 翌朝10月1日(土)にホテルで、朝食中に参加者の笹島弘美さん(78、プレジデンテ・プルデンテ生まれ、二世)、妻のローザ・トコヨさん(72、アサイ生まれ、二世)に、ウマラマ日伯文化体育協会との交流会の感想を聞いた。

 夫の弘美さんは「立派な会館で驚いたし、婦人部の食事も美味しかった。ヤキソバの入ったすき焼きが面白かった」と満足の様子。妻のトヨコさんは「パパイはアサイでカフェをやっていたが、周りは原始林ばかりで医者が遠いので、サンパウロへ出てサントアマーロで野菜作りをするようになった。アサイが懐かしいでの、ぜひいつかアサイへ訪問してほしい」とのこと。
 トヨコさんの要望を聞きながら、故郷巡りは「地方団体との交流の旅」なのだから、同じ場所でも10年経ったら再訪しても良いのでは―と感じた。10年経つと大概の日系団体では役員が入れ替わっている。
 特にバストス、ペレイラ・バレット、アサイ、アリアンサなどの大移住地、アラサツーバ、バウルー、マリリア、プレジデンテ・プルデンテなどの各線中核都市を「故郷」と感じている子供移民や二世は多い。
 故郷巡りの運営関係者から「全部訪ねちゃって、もう行くとこなくなったよ」との声を良く聞くが、「再訪」することも大事ではないか。

カラガタツーバに住む田口さん

カラガタツーバに住む田口さん

 10年前からサンパウロ州東南海岸部のカラガタツーバに住む田口功さん(78、北海道出身)は故郷巡り初参加。なにげなく話を聞くと、あまりに豪快で興味深い逸話の数々に驚いた。
 1962年に観光ビザで渡伯し、ブラジルが気に入ってカーザ東山商業部(現三菱東京銀行)で働くようになって永住ビザに切り替えた。「親父が『帰ってこい!』って帰国旅費を送って来たんだ。『しめたっ!』とばかりに、その金で商売やったら儲かっちゃてね」と豪快に笑う。
 カーザ東山のカンタレイラ支店(市営市場)に勤務しているうちに、取引先のバラッカ(売店)の人たちから「そんな安月給貰ってないで、お前もバラッカやってみたら?」と誘われたのだという。主に野菜の仲買いをする店をやっていた。
 「カンタレイラ時代、まだ青年だったアントニオ猪木がカヒーニョ(荷車)の人夫をしていてね。彼がよく『僕に仕事を下さい』ってよく頭を下げに来てたから、回してやっていたんだ。あの頃から身体がデカかった」。何気ない朝食の話に、アントニオ猪木が出てくるのは故郷巡り冥利に尽きる。
 「アルファッセの箱には30ダース入っていて、ジャガイモの袋(60キロ)より重いんだ。それを猪木は軽々と担いでいた。力道山が来て連れて行っちゃたけど。あの頃はいつも腹を減らしてたな。あれが、今じゃ日本の代議士だから、日本もおかしいよね」と再び大笑いした。
 「その後、セアザはピニェイロスに移転したが、そのまま僕も移った。あの頃は、とにかく百姓も日本人、バラッカも日本人、買いに来るフェイランテも日本人という日本人だらけの時代だった」と少し遠くも見る視線になった。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月1日 東西南北  今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボルソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」 […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月19日 東西南北  サンパウロ大都市圏オザスコの連邦地裁は17日、次期サンパウロ州選出下議のアレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)に対し、リオ選出下議のジャン・ウイリス氏(社会主義自由党・PSOL)に29万5千レアルの罰金を支払うよう命じた。それは、フロッタ氏がウイリス氏は「小児性愛 […]
  • 東西南北2018年12月18日 東西南北  今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に […]