ホーム | 連載 | 2016年 | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ | 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(6)=何気ない朝食でアントニオ猪木

第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(6)=何気ない朝食でアントニオ猪木

笹島トヨコさん、弘美さん

笹島トヨコさん、弘美さん

 翌朝10月1日(土)にホテルで、朝食中に参加者の笹島弘美さん(78、プレジデンテ・プルデンテ生まれ、二世)、妻のローザ・トコヨさん(72、アサイ生まれ、二世)に、ウマラマ日伯文化体育協会との交流会の感想を聞いた。

 夫の弘美さんは「立派な会館で驚いたし、婦人部の食事も美味しかった。ヤキソバの入ったすき焼きが面白かった」と満足の様子。妻のトヨコさんは「パパイはアサイでカフェをやっていたが、周りは原始林ばかりで医者が遠いので、サンパウロへ出てサントアマーロで野菜作りをするようになった。アサイが懐かしいでの、ぜひいつかアサイへ訪問してほしい」とのこと。
 トヨコさんの要望を聞きながら、故郷巡りは「地方団体との交流の旅」なのだから、同じ場所でも10年経ったら再訪しても良いのでは―と感じた。10年経つと大概の日系団体では役員が入れ替わっている。
 特にバストス、ペレイラ・バレット、アサイ、アリアンサなどの大移住地、アラサツーバ、バウルー、マリリア、プレジデンテ・プルデンテなどの各線中核都市を「故郷」と感じている子供移民や二世は多い。
 故郷巡りの運営関係者から「全部訪ねちゃって、もう行くとこなくなったよ」との声を良く聞くが、「再訪」することも大事ではないか。

カラガタツーバに住む田口さん

カラガタツーバに住む田口さん

 10年前から聖州東南海岸部のカラガタツーバに住む田口功さん(78、北海道出身)は故郷巡り初参加。なにげなく話を聞くと、あまりに豪快で興味深い逸話の数々に驚いた。
 1962年に観光ビザで渡伯し、ブラジルが気に入ってカーザ東山商業部(現三菱東京銀行)で働くようになって永住ビザに切り替えた。「親父が『帰ってこい!』って帰国旅費を送って来たんだ。『しめたっ!』とばかりに、その金で商売やったら儲かっちゃてね」と豪快に笑う。
 カーザ東山のカンタレイラ支店(市営市場)に勤務しているうちに、取引先のバラッカ(売店)の人たちから「そんな安月給貰ってないで、お前もバラッカやってみたら?」と誘われたのだという。主に野菜の仲買いをする店をやっていた。
 「カンタレイラ時代、まだ青年だったアントニオ猪木がカヒーニョ(荷車)の人夫をしていてね。彼がよく『僕に仕事を下さい』ってよく頭を下げに来てたから、回してやっていたんだ。あの頃から身体がデカかった」。何気ない朝食の話に、アントニオ猪木が出てくるのは故郷巡り冥利に尽きる。
 「アルファッセの箱には30ダース入っていて、ジャガイモの袋(60キロ)より重いんだ。それを猪木は軽々と担いでいた。力道山が来て連れて行っちゃたけど。あの頃はいつも腹を減らしてたな。あれが、今じゃ日本の代議士だから、日本もおかしいよね」と再び大笑いした。
 「その後、セアザはピニェイロスに移転したが、そのまま僕も移った。あの頃は、とにかく百姓も日本人、バラッカも日本人、買いに来るフェイランテも日本人という日本人だらけの時代だった」と少し遠くも見る視線になった。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • セアーザ今昔物語=ほとんど全員日本人だった=(1)=ブラジル人も日本語で交渉2018年10月19日 セアーザ今昔物語=ほとんど全員日本人だった=(1)=ブラジル人も日本語で交渉  1966年にサンパウロ市ビラ・レオポルヂーナ区に開場したセアーザ(通称「CEASA」、正式にはCEAGESP=聖州食糧配給センター)は、聖市民の胃袋支える連邦政府傘下の市場だ。食糧配給企業として南米1位の規模を誇る。そんな超巨大公営市場だが、開場当初は働くひとのほとん […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(17)2017年6月21日 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(17)  フランコさん  レジストロの郊外でバナナ園を営む大矢フランコさんは、2012年7月、筆者が初めて会った時、80代の半ばであった。  が、毎日、早朝に起床、自分で車を運転して90ヘクタールの農場を見回り、仕事の段取りを35名の労務者に指示、BR116を大型カミニ […]
  • ニッケイ歌壇(499)=上妻博彦 選2015年10月29日 ニッケイ歌壇(499)=上妻博彦 選 サンパウロ  武田 知子 はるばると六百キロのバスの旅春泥の中弓場の土踏み 稚鴎師の百歳祝いにボーロ切る姿は凛々とまぶしかりけり 弓場の里稚鴎師迎え百歳も六歳の子もなごやかな句座 散策に果てなく続く鈴成りの垂れしマンガは未だ熟れかね ふくろうも蛙も鳴きてカナブンの飛び […]
  • 2015年1月21日 特別寄稿=心配なサンパウロの水事情=貴方の家の水は大丈夫?=駒形秀雄  暑いですね。こう暑いと何だかこうおっくうになり、面倒なことはつい「後で又」となってしまいます。ボンヤリとテレビなどを眺めていると、新しくサンパウロ州水道公社(SABESP)の社長になった人が話しています。「最近の雨にも拘わらず、水不足は深刻である。このような降雨状態がこれ […]
  • カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者2016年12月29日 カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は26日、水不足対策として、貯水池の取水口より低い位置にあり、通常は利用できない予備の水(未開の水域)の水を吸い上げるために設置したポンプを、干ばつに悩む北東部のパライバ州とペルナンブッコ州での水不足解消のために貸し出す契約を締結し […]