ホーム | 連載 | 2016年 | 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ) | 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(14)

『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(14)

 しかし不思議である。笠戸丸移民で、大量の被害者を出し、その人々から恨まれていた水野龍に、一方で、帰伯費用を送り、住む家まで心配する友人たちが居た。何故だろうか?
 この点、筆者は長く不可解なままであった。
 2013年、水野の息子の龍三郎さんが、クリチーバに健在であることを知った。一度会いたいと思った。疑問を解く手がかりが見つかるかもしれない。

天然記念物的な一族

水野龍三郎さん一家

水野龍三郎さん一家

 2014年7月、筆者は龍三郎さんをクリチーバの自宅に訪問した。
 この時は、予め慎重を期した。筆者は『百年の水流』で、水野龍の笠戸丸移民に関する仕事ぶりを、きびしく批判した。
 門前払いを食わされるかもしれない。そこで、さる人に根回しして貰ってから出かけた。
 龍三郎さんは機嫌よく応対してくれた。83歳になるということであった。傍に30代と思われる女性が居た。幼女も居て4歳だという。
 (孫とひ孫だろう)と思ったが、なんと、龍三郎さんの嫁さんと実の娘だという。唖然とした。
 その幼女は79歳の時につくった計算になる。
 筆者は、龍三郎さんの顔を改めて見直した。父親の龍と同じことをしているわけだ。顔もソックリだった。
 最初の、この印象が強烈だったため、話はそのことに逸れてしまった。
 龍三郎さんは、69歳で日本へ出稼ぎに行った。
 老人向きの仕事を回してくれる処があった。
 その折、やはり出稼ぎ中だった今の嫁さんと一緒になった。彼女は20代だった。
 二人の間には3人の子供がいるという。これだけでも感嘆したが、話している内、龍三郎さんは、実は子供は8人居ることを白状した。
 4人の女性と協力して生産したそうで、もはや、評すべき言葉を思いつかなかった。
 最初の子は龍三郎さんが18歳の時、さる女性とつくった。結婚はしなかった。その後、別の女性と結婚して3人、現在の嫁さんと再婚して3人、もう一人の女性と一人‥‥。
 筆者が、「まさか、9人目ができるのではないでしょうね?」と訊ねると、ニコニコしている。ヘンに思って嫁さんを見ると「危ない、危ない」と言って、クスクス笑った。
 これでニコニコの意味が判った。
 この種の人間は、普通、他人からは「精力的で灰汁の強い男」と想像される。が、龍三郎さんは逆である。ごく普通の、淡白な感じのお爺さんであった。感じが、映画俳優の笠智衆に、少し似ていた。
 生活ぶりは、ごく庶民的であった。
 龍三郎さんの長男は、65歳だという。前記の4歳の幼女は、その妹である。61歳違いの兄と妹──というのは、世界中探しても、珍しいのではないか。
 龍三郎さんには、近くヤシャゴができるという。孫の孫である。水野龍の人並み外れた精気は、子々孫々に継承されているのだ。
 筆者は、仕事柄、半世紀以上、多種多様なファミリアを見続けてきたが、これほど愉快で、天然記念物的な一族は、ほかに心当たりはない。
 なお、2016年7月、念のため、電話を入れ、9人目ができたかどうか訊くと、「(つくろうと思えば)できますが、もう85歳だから、つくらない方が良いでしょう」と、明るく笑っていた。
 「是非つくって下さい。皆、喜ぶでしょう」と勧めておいたが、ともあれ、以上の様なことを、何でもアケスケに話す龍三郎さんには、愛嬌の様なモノすら感じられた。水野龍もこうだった‥‥のではないかと、気がついた。
 こういう人柄は人に好かれる。だから友人が居り、帰伯費用や住む家の心配までしたのだろう。
 龍三郎さんによると、龍は、住宅用の資金を渡されようとした時、「家は要らない。移民の中には未だ困っている人が居るだろう。お金は、そういう人に‥‥」と断ったという。
 翌年、91歳で没。笠戸丸移民のことは、死ぬまで、気にしていたそうである。(第二部、終了)

《参考・引用資料》
○クラウジオ・セト、マリア・H・ウエダ共著

『AYUMI』。

○聖州新報刊『在伯日本移植民二十五周年記念鑑』、

○香山六郎著『移民四十年史』、

○鈴木貞次郎著『埋もれ行く拓人の足跡』、

○牛窪襄著『パラナ日系60年史』、『祖人水野龍』

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(12)2016年11月5日 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(12)  前項の様な次第で、クリチーバに現れた初期の邦人は、水野龍の粗放さの被害者が多かった。ところが、その水野が1926年、ここに転住してきた。といっても、単なる偶然であったが‥‥。  被害者も殆ど去っていた。  水野は家族連れであった。町外れで小さな農場造りを始めた。歳は六十代 […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(3)2017年5月30日 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(3)      桂植民地(Ⅱ)  周知のことであるが、日本の対ブラジル移植民事業は1908(明41)年、高知県人水野龍によって始まった。しかし、最初の笠戸丸移民は失敗した。原因は多々あったが、その一つが「実態をよく調べず、カフェー園の労務者として、移民を送り込んだこと」にあった。 […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(11)2016年11月4日 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(11) 婚約者から逃げて来た男  1909年には、もう一人の日本人がクリチーバ入りした。AYUMIによると、シンキチ・アリカワという名で、「婚約者から逃げてきた」と言っていたという。  笠戸丸の2年前、1906年、隈部三郎一家と日本から来た7人の青年の一人、有川新吉だった。 […]
  • 水野龍航海日誌が移民史料館へ=聖―バストス間で共有調印=脇山陸軍大佐の軍服も共に2016年3月15日 水野龍航海日誌が移民史料館へ=聖―バストス間で共有調印=脇山陸軍大佐の軍服も共に  山中三郎記念バストス地域史料館に展示されていた「水野龍の航海日誌」と「脇山甚作退役陸軍大佐の軍コート」が、聖市のブラジル日本移民史料館と共同所有されることになった。12日、バストス日系文化体育協会(ACENBA)で調印式が行なわれ、両館の代表者が出席。2点の移民史料は今回の調 […]