ホーム | コラム | 樹海 | 『ふろんていら』50号に思うこと

『ふろんていら』50号に思うこと

『ふろんていら』50号の表紙

『ふろんていら』50号の表紙

 聖州アルミニオ在住の伊那宏さんが主宰する詩歌サロン『ふろんていら』が、記念すべき50号を9月に発行した。個人で年4回も定期刊行を続ける苦労は並大抵ではないだろうに、12年半も続いてきた。もちろん、伊那さんの志に賛同して投稿する人がいればこその快挙だ▼本人筆による一文「その歩んで来た道」(26頁~)を読んで、考えさせられるところがあった。もともとは伊那さんが主宰した別の文芸同人誌『国境地帯』第11号に「詩歌欄」として登場し、のちに独立して一冊の小冊子になった。《当サロンは国境地帯を彷徨する〝文学亡者〟たちの集まる場所》として投稿を呼びかけたところから始まった。亡者とは「文学することが三度の飯より好き」な人、いわば文学に憑りつかれている者という意味らしい▼祖国を離れて生きる移民は皆、心の中に国境地帯のような、どちらの領域とも言い切れない中間域を持っている。その精神的な領域を日々、彷徨する文学亡者たちが、思いの丈を吐露する場所が、この『ふろんていら』らしい。〝亡者〟たちはきっと旅券の代わりに、自らを証明する文芸作品を携えているのだろう。なかなか洒落だ▼第1号には12人が作品を寄せ、一番多かったのは第17号で増勢47人にもなったというからすごい。つねに35人前後(実作者は20~22人前後)はいたが、45号あたりから30人(同18~20人)を切る状態になったという。50号現在で実作者15人、平均年齢は82、3歳、最高齢は96歳とか。《この現象(高齢化)は現今の移民一世社会の衰退という宿命と同一にするもので、それから逃れることのできない時代に、今私たちは生きているわけである》という伊那さんの言葉は他人ごとではない。そのまま邦字紙にも当てはまる▼作者が減ったのは多くの場合、亡くなったためだ。うち代表的な5氏の作品、「日向ぼこ無我の境地を探りつつ」(斎藤光之)、「公園の芝生に寝ている酔いどれの背なに黄色い蝶々が止まる」(則近正義)などを紙面で挙げ、伊那さんは《五氏とも、本誌にて、自らの文芸活動の〝有終の美〟を、心置きなく飾って下さったものと筆者は固く信じている》と書く▼さらに《文芸とは、己自身の〝業〟みたいなものである》とし、《それは〝思い〟という形をとり、文字を借りて保存しておきたいと強く願望するようになる》。そのための〝器〟が同誌の存在価値であると論じる▼コラム子も、伊那さんの心境が痛いほど分かる。92年から研修記者として3年ほどパ紙で働いた後、いったん帰国。群馬県大泉町でデカセギに混じって工場労働をしていた97年、当時の吉田尚則パ紙編集長から「邦字紙を看取りに来ないか」との国際電話が来て、考えた末、再びブラジルに戻って来た▼その時の電話には「数年後には終焉を迎えるかもしれない」―そんな雰囲気が漂っていた。事実、翌98年には経営難から、日伯毎日新聞と合併して現在のニッケイ新聞になった。当時在籍していた戦後移民の記者・編集幹部の多くは定年し、冥界に旅立った▼文学亡者は自ら書くことができる。だが、普通の移民は書かない。そんな人からもいろいろな話を聞き、貴重な体験を記録する。日本の大新聞やブラジルの大手メディアには扱われることがない、日本移民の何気ない日々の記録を文字にして残すことが、邦字紙最大の使命だと痛感する。伊那さんの一文を読みながら、邦字紙は一世社会の〝有終の美〟を記録し、看取るためにあるのだと改めて襟を正した。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)2017年6月6日 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)  「35歳でオバアチャンっていうのが、あちこちにいるんだよ」――日本の大手派遣会社アバンセの林隆春社長が先月末に来社した折り、日本のデカセギ事情を聞いている最中に、そう言われて頭を抱えた。つまり、17歳ぐらいで出産を二世代に渡って繰り返している▼将来のことを深く考えずに […]
  • コラム 樹海2010年1月6日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年1月6日付け  年末、知人宅のXマス会に行ったら、日本政府の帰国支援金30万円をもらって帰ってきたばかりの五十代の元デカセギ女性に出会い、「せっかく日本政府がくれると言ってるんだから、もらわなきゃソン」との言葉に愕然とした。「日本から生活費を送って […]
  • 樹海2014年8月20日 樹海  レジストロで「富士山写真展」を準備していた時、パネルを張っている後ろから、警備員らしき日系人が近寄ってきて「これは浜松か?」と指を指した。アクトタワー越しに眺めた霊峰の写真だった。「そうだ」と応じると、「6年も浜松に住んでいた。こんな懐かしい眺めが見られるとは思わなかった […]