ホーム | コラム | 樹海 | 年々遠ざかるクリスマスの賑わい

年々遠ざかるクリスマスの賑わい

 今年もクリスマス(ナタル)まであと1カ月。ショッピングセンターなどではサンタクロースや電飾も見られるが、サンパウロ市の公園などでは電飾がほとんど見られない▼聞けば、市役所が入札期間を延長しても、スポンサーがついたプロジェクトは26日に落成式が行われるイビラプエラ公園のクリスマスツリーだけらしい。しかも、このツリーもスポンサーは1社だけで、同公園のツリー作りが恒例化した02年以降で最も小さい35メートル。70メートルを超えた年もあった事を考えれば、状況の厳しさが窺われる▼スポンサーがつける飾りは171個だが、年内は市民からの寄付を受け付け、年が明けたら市役所が指定する貧しい地区のコミュニティーに寄贈する。同公園では直径2メートル半の雪の球も置き、最大5人までがその中で写真を撮る事が出来るようにするが、池の噴水に映像を映す〃光のショー〃は取りやめらしい▼これら一連の変化は皆、長引く不況が原因だ。今年は在庫一掃などのため、11月第4木曜の翌日(今年は25日)を特売日とする〃ブラックフライデー〃の名前を使った広告が10月から出回っている。自動車業界が在庫調整のための生産調整の名目で、集団休暇や自主退職者募集などの措置をとったとの記事も年中続いた▼消費者はもちろん、商店や企業も何とか年を越そうと必死にならざるを得ない中、クリスマスの贈り物もブラックフライデーを利用して購入する人が増えているとも。失業率14%という状況下、クリスマスの賑わいが年々薄らいでいるのも感じる。電飾などが見当たらない分、心の〃やりとり〃などで豊かさを演出する工夫が求められそうだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》決断が難しいのは、外出自粛令を出すより解除の時2020年3月31日 《ブラジル》決断が難しいのは、外出自粛令を出すより解除の時  先週から主だった州で知事から外出自粛要請が出され、それに連動して各市が商店閉鎖条例を出し、町から人影が消えた。  サンパウロは今週か来週には感染激増期に入るといわれる。そうなると「外出禁止令」というさらに厳しい段階に入る可能性がある。今のように各人の判断で外出を自粛 […]
  • ブラジルの外出自粛措置は本当に大げさなのか?2020年3月27日 ブラジルの外出自粛措置は本当に大げさなのか?  「州知事たちが出した外出自粛措置(クアレンテーナ)を、大統領がひとりでのたうちまわるような形で阻止しようとしている」。新型コロナウイルス(以下コロナ)が猛威を振るいはじめたという大変な時期に、ブラジルでは州知事と大統領が対立するという異様な事態が起きている。  もと […]
  • 現実を見ないリーダーの怖さ2020年3月26日 現実を見ないリーダーの怖さ  24日、ボウソナロ大統領が再び、知事や市長達が採用した新型コロナ対策を批判、国内外から非難の声が上がった。 […]
  • 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも2020年3月24日 今のイタリアは、3週間後のサンパウロかも  「今のイタリアは、3週間後のサンパウロかもしれない」――まるで世紀末に向かって黙示録のページを一枚、一枚めくるように、ブラジルのコロナ危機は毎日悪化の途を歩んでいる。冒頭に掲げた予測はあまりに悲しいが、現実にならないようにするには、今現在、相当の決断が必要だ。  ど […]