ホーム | コラム | 樹海 | 年々遠ざかるクリスマスの賑わい

年々遠ざかるクリスマスの賑わい

 今年もクリスマス(ナタル)まであと1カ月。ショッピングセンターなどではサンタクロースや電飾も見られるが、聖市の公園などでは電飾がほとんど見られない▼聞けば、市役所が入札期間を延長しても、スポンサーがついたプロジェクトは26日に落成式が行われるイビラプエラ公園のクリスマスツリーだけらしい。しかも、このツリーもスポンサーは1社だけで、同公園のツリー作りが恒例化した02年以降で最も小さい35メートル。70メートルを超えた年もあった事を考えれば、状況の厳しさが窺われる▼スポンサーがつける飾りは171個だが、年内は市民からの寄付を受け付け、年が明けたら市役所が指定する貧しい地区のコミュニティーに寄贈する。同公園では直径2メートル半の雪の球も置き、最大5人までがその中で写真を撮る事が出来るようにするが、池の噴水に映像を映す〃光のショー〃は取りやめらしい▼これら一連の変化は皆、長引く不況が原因だ。今年は在庫一掃などのため、11月第4木曜の翌日(今年は25日)を特売日とする〃ブラックフライデー〃の名前を使った広告が10月から出回っている。自動車業界が在庫調整のための生産調整の名目で、集団休暇や自主退職者募集などの措置をとったとの記事も年中続いた▼消費者はもちろん、商店や企業も何とか年を越そうと必死にならざるを得ない中、クリスマスの贈り物もブラックフライデーを利用して購入する人が増えているとも。失業率14%という状況下、クリスマスの賑わいが年々薄らいでいるのも感じる。電飾などが見当たらない分、心の〃やりとり〃などで豊かさを演出する工夫が求められそうだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?2019年3月1日 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?  もう、今日が終わりそうなあたりから聖市、そして全国が注目のリオで3日の23時30分からカーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまる。伯国民にとっては、それに興味があろうとなかろうと、もはや無意識のうちに刷り込まれた日常、とでもいうべき、不可欠な存在でもある▼エスコー […]
  • 歌と人生、世代交代2019年2月28日 歌と人生、世代交代  21日付ジョルナル・ニッパク(弊紙ポルトガル語版)に、16~17日に開かれた第25回サンパウロ州選抜カラオケ大会(通称パウリスタン)の記事が掲載された。4頁は弊紙記者の記事で開会式などが中心、12頁は外部からの特別寄稿で、2日目のグランプリなどが中心になっている▼記者やテーマ […]
  • 元隠れキリシタンが作った保和会の役割2019年2月26日 元隠れキリシタンが作った保和会の役割  「保和会がもうなくなるかもしれない」―そんな噂を聞いて愕然とし、関係者を急いで探した。  保和会といえば、福岡県三井郡大刀洗町今村出身者で、元隠れキリシタンの青木家、平田家らが中心になって作った親睦会だ。1960~70年代には、平田ジョン進連邦下議の選挙応援で大活躍 […]
  • 「極右」を通り越して「王朝の権力争い」2019年2月22日 「極右」を通り越して「王朝の権力争い」  1月中旬からのボウソナロ政権のつまづきがお粗末だ。それを引き起こしたのはボウソナロ大統領自身ではない。それを起こしたのはまぎれもなく、彼の息子たちだ▼つまづきの発端となったのは長男フラヴィオ上院議員の、リオ州議員時代の幽霊職員の不正雇用疑惑で、昨年末にさかのぼる。疑問 […]