ホーム | コラム | 樹海 | 年々遠ざかるクリスマスの賑わい

年々遠ざかるクリスマスの賑わい

 今年もクリスマス(ナタル)まであと1カ月。ショッピングセンターなどではサンタクロースや電飾も見られるが、聖市の公園などでは電飾がほとんど見られない▼聞けば、市役所が入札期間を延長しても、スポンサーがついたプロジェクトは26日に落成式が行われるイビラプエラ公園のクリスマスツリーだけらしい。しかも、このツリーもスポンサーは1社だけで、同公園のツリー作りが恒例化した02年以降で最も小さい35メートル。70メートルを超えた年もあった事を考えれば、状況の厳しさが窺われる▼スポンサーがつける飾りは171個だが、年内は市民からの寄付を受け付け、年が明けたら市役所が指定する貧しい地区のコミュニティーに寄贈する。同公園では直径2メートル半の雪の球も置き、最大5人までがその中で写真を撮る事が出来るようにするが、池の噴水に映像を映す〃光のショー〃は取りやめらしい▼これら一連の変化は皆、長引く不況が原因だ。今年は在庫一掃などのため、11月第4木曜の翌日(今年は25日)を特売日とする〃ブラックフライデー〃の名前を使った広告が10月から出回っている。自動車業界が在庫調整のための生産調整の名目で、集団休暇や自主退職者募集などの措置をとったとの記事も年中続いた▼消費者はもちろん、商店や企業も何とか年を越そうと必死にならざるを得ない中、クリスマスの贈り物もブラックフライデーを利用して購入する人が増えているとも。失業率14%という状況下、クリスマスの賑わいが年々薄らいでいるのも感じる。電飾などが見当たらない分、心の〃やりとり〃などで豊かさを演出する工夫が求められそうだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]
  • アマゾンやアマゾン基金の行方は?2019年6月6日 アマゾンやアマゾン基金の行方は?  「世界環境デー」の5日を目前にした4日、ブラジル政府がノルウェーとドイツに「アマゾン基金」の規定変更に関する提案書を送付との記事が流れた。08年創設の同基金は、法定アマゾンの保護や保存が目的で、資金の大半は両国からの寄付だ▼同基金の使用目的は、アマゾンの自然破壊の予防と監視、 […]
  • 慰安婦像を巡って考えた伯米日系人の違い2019年6月4日 慰安婦像を巡って考えた伯米日系人の違い  県連故郷巡りで米国カリフォルニア州(加州)を見て回って「伯米日系人の最大の違いは何が」と考えた時、やはり日本に対する好感度ではないか、という気がした。というのは、米国日系人の一部には、日本のことを嫌いな人たちが相当数いると聞いたからだ。  例えば、加州で特徴的に物議 […]
  • 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界2019年5月31日 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界  27日、男性人気歌手ガブリエル・ジニスが小型飛行機の墜落で亡くなった。昨年、ラテン・ダンス調のラブ・ソング「ジェニフェル」が大ヒットし、これから国を代表する人気者になりかけた矢先だった。ワイルドながら親しみやすい容姿に、高音域がスカッと伸びる恵まれた声質、そして、「ジ […]