ホーム | 日系社会ニュース | ビラ・カロン沖縄支部60周年祝う=500人で先人の汗と涙偲ぶ=ウチナー魂受けつぐ覚悟新に

ビラ・カロン沖縄支部60周年祝う=500人で先人の汗と涙偲ぶ=ウチナー魂受けつぐ覚悟新に

ケーキカットで節目を祝う関係者

ケーキカットで節目を祝う関係者

 沖縄県人会本部を支える重要な存在、ビラ・カロン沖縄県人会支部(上原テリオ会長)は20日、同会館で『先没者追悼慰霊法要』並びに、『創立60周年記念式典』を行った。本部創立90周年記念事業や第6回世界のウチナーンチュ大会など沖縄県系人にとって祝賀行事が続くなか、関係者ら約500人が参集し、還暦の節目を盛大に祝った。

 戦後移民再開から間もない1956年、相互親睦と生活向上のため、「いちゃりばちょーでー」(一度会ったら皆兄弟)の精神で幾多の困難を乗り越え、同支部は27人の会員らにより設立された。
 現在会員は520世帯を超え、2万人の集客を誇る国内最大の「沖縄祭り」を独自開催するまでに成長した。
 午前10時から行われた法要では、献楽、献花、献茶に引き続き、真言宗遍照寺南米別院の野國勢信導師のもと、しめやかに法要が行われると、焼香に並んだ参列者は先人の遺徳を偲んだ。
 式典で上原会長は、「先人たちは弛まない勇気と相互扶助の精神で、同胞の援助に尽力し、沖縄県系人社会の発展に多大な貢献をされた。その汗と涙が、私たちの人格形成に深く影響したことは間違いない。その遺産を次世代に継承していく責任がある」と力強くあいさつした。
 式典には、中前隆博在聖総領事、飯星ワルテル連邦下議(補欠)、大田恵子下議、西本エリオ聖州議、羽藤譲二聖州議、神谷牛太郎聖市議らほか、沖縄県人会本部の島袋栄喜会長、その他、支部の会長らが出席し、祝辞を述べた。
 その後、これまで同支部を支えてきた元会長や、かりゆし老人クラブ元会長、婦人部の現職及び元会長、14回を数える沖縄祭り開催を、裏から支えしてきた政治家などの功労者を称え、感謝状が贈られた。
 鏡開きに続き、乾杯が行われるとお祝いムード一色に。宴の幕開けを琉球舞踊「かぎやで風」で祝し、17団体が優美な舞や太鼓の演奏で参加者を魅了した。
 同会では沖縄祭りだけでなく、文化・スポーツを中心とした年中行事を通じて沖縄の伝統文化の継承を実施し、次世代を育成している。
 式典を終えて上原会長は、「地域を巻き込んで事業を行うことは、先人たちを温かく迎え入れてくれたことへの感謝。住民たちの生活の一部となるように門戸を開くことが重要。沖縄祭りのあり方はまさにその表れだ」として、地域社会に根ざした沖縄文化の発信と継承に意欲を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ