ホーム | コラム | 樹海 | 汚職や事故のもとを糺せば

汚職や事故のもとを糺せば

 出勤途中、すれ違った男性の背広の裾の長さが違うのを見て、ボタンの掛け違えだと気づいた。急いでいたので通り過ぎたが、今の伯国もボタンの掛け違えが多いとふと思った▼最近の弊紙2面は予想外の事故や事件に振り回され、何もなければトップやカタと呼ばれる大きな記事になるのに、小さめの記事になったり載せられなかったりする例が多い。しかも、シャペコエンセの選手を巻き込んだ事故も含め、その多くは意図的に犯した罪やミスが引き金になっている▼意図的に犯した罪やミスの中には、汚職や暴言、それに対する報復なども含まれる。公金横領や資金洗浄は、国民に選ばれ、国民に仕えるはずの政治家達が、自分や仲間を潤す事に専念した結果といえる。ラ・ミア機の事故も、途中で給油するための経費などを惜しんだ結果、多くの人の命を犠牲にしたといえる▼本来の姿や目的を忘れると、当然の事だが、目指すべき方向や着地点が変わる。途中でボタンの掛け違えに気づいた時はまだ良いが、修正されずにずれが増幅すれば、いつかはそのツケを払う必要が生じる。政治家なら、検察からの起訴や職務剥奪で自らの罪を清算させられたりする。ラ・ミア機の事故も起きるべくして起きたと見る向きが多く、6日には同社理事が逮捕された▼だが、間違った事をしていると自覚していた人が責任を問われるのは当然だとしても、何も知らずに巻き込まれた人は悲劇だ。主人はよく「昔の政治家は『政治がやりにくくなるから、国民には教育がない方が良い』と考えていた」と言う。こういった考え方もボタンの掛け違えだと思うのは、当方の頭のネジが外れた証拠? (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 一気に流動化した政局2016年12月3日 一気に流動化した政局  2日、エスタード紙経済面にオデブレヒト社の謝罪広告が出ていた。それを見ながら考え込んだ。「司法取引が成立したワケだ。これで政局は次の局面に移った。これからがテメル政権の本当の正念場、〝浄化の時〟だ」と実感した。200人とも言われる汚職政治家の名が来年早々にも暴露され、次々 […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 健康と繁栄祈り東洋祭り=出店に太鼓、日本文化楽しむ2016年12月16日 健康と繁栄祈り東洋祭り=出店に太鼓、日本文化楽しむ  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する年末の風物詩『第48回東洋祭り』が3、4の両日、リベルダーデ広場を中心に開催され、日系・非日系が多く訪れた。  晴天のなか、大阪橋の大鳥居前に集まった関係者らは、シャペコエンセ搭乗機墜落事故の犠牲者に対して一分 […]