ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 大竹富江文化センター(Avenida Faria Lima, 201, Pinheiros)でガウディ展「ガウディ:バルセロナ、1900」が開催中。来年2月5日まで、火~日曜の午前11時~午後8時まで(入場は午後7時まで)。入場料は12レで学生、60歳以上の高齢者は6レ。(10歳以下の子供と身体障がい者は無料)。アントニ・ガウディは19~20世紀に活動したスペインの建築家で、現在も建設中のサグラダ・ファミリアなどを設計した。展覧会ではガウディが設計した建築物の模型などが見られるようだ。週末に出かけてみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2014年6月18日 大耳小耳  夜7時から始まった移民の日式典。会場となった市議会入り口には来場者と共に多くの警察官が。この日は運悪く、ホームレス労働者運動の支持者約100人が市議会を囲んで新法案への抗議運動を行っていた。式典中も鳴り止まないブブゼラに、出席した本橋幹久県連会長も呆れた様子だった。    […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • アトリエで、大竹富江さん(2013年10月ごろ撮影)2015年2月13日 巨匠・大竹富江さんが逝去=101歳まで現役で仕事=伯国メディア一斉に悼む=13日に一般向けに通夜  ブラジル芸術界を代表する一人、大竹富江さんが12日昼12時半~午後1時ごろ、聖市のシリオ・リバネス病院で逝去した。享年101。抽象画をはじめ、23デ・マイオ大通りの日本移民80周年記念の大型立体オブジェ、イビラプエラ公園内にあるオスカー・ニーマイヤーがデザインした講堂の内 […]
  • イベント情報2013年12月21日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年12月21日 【12/20から公開の映画】 ・エンダーのゲーム(米国/エンダーズ・ゲーム)  米国では定番人気となっている、近未来少年SFの映画化。 ・LIFE!(米国/ア・ヴィーダ・セグレード・デ・ウォルター・ミティ) […]