ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 伊藤園新俳句大賞実行委員会主催『第28回 お~いお茶新俳句大賞』の作品募集が開始されている。小・中・高校生、一般A(40歳未満)、一般B(40歳以上)及び、英語俳句の6部門。季語や定型にこだわることなく、字余りであっても可能。南米初のリオ五輪開催や大統領罷免など、数々の印象的な出来事があった今年。感じたことや思ったことを俳句で表現してみては。締切りは来年の1月27(金)必着。文協で応募用紙を配布中。問合せは文協事務所(11・3208・1755)まで。
     ◎ 
 俳誌『朝蔭』445号が11月に発行された。<蕎麦の花テレビで見れば里恋し>(山上セツ)は、NHKの映像から故郷が思い出され切なく感じた様子を詠んだものか。<ブラジルの名を上げ果てしリオ五輪>(原はる江)は無事に終わった今年最大の行事を喜んだもの。<山笑ふ乞食に辞儀する律義者>(溝口かおる)も興味深い光景だ。<目に慣れし短きサイア春の風>(中馬淳一)からはミニスカートが増えて急に春めいてきた街中の春が伺える。<異人尼仏法涼しく語りくれ>(梶本つるえ)にあるような非日系の尼さんから法話を聞く機会が日常的にあるのは、ブラジルならではか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、伯国の障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現した […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 大耳小耳2016年12月27日 大耳小耳  日系スポーツ選手が活躍したのはリオ五輪だけではない。10大ニュースで触れられなったが、日本の相撲界では魁聖関(30)が小結、さらに関脇まで昇格する快挙を達成した。苦節10年での三役昇進に、コロニアにも祝賀ムードが広がった。      ◎  一方プロ野球界でも活躍を見せた日 […]
  • 大耳小耳2016年9月20日 大耳小耳  五輪を記念して企画展示「二つのオリンピック―スポーツがつないだ日系社会―」を開催中のJICA横浜・海外移住資料館(横浜045・663・3251)。25日午後2時からリオ五輪聖火ランナーの一人、小川彰夫さんが同館1階「会議室1」で特別に講演する。聖火リレーにまつわるエピソードか […]
  • 大耳小耳2016年10月7日 大耳小耳  リオ五輪・パラリンピック日本選手団のメダリスト約90人が、東京銀座の中央通り約2・5キロを約一時間かけて凱旋パレードを行う。パラリンピックでは金メダル獲得ゼロと結果は振るわなかったものの、五輪では過去最多のメダル数を獲得し、国民を熱狂させた。今月中旬には、テメル大統領も日本を […]