ホーム | 日系社会ニュース | パラーで会議所が忘年会=結束をPR、知事ら訪れ

パラーで会議所が忘年会=結束をPR、知事ら訪れ

山田会頭、表彰されたパラー商工会議所のコスタ会頭ら

山田会頭、表彰されたパラー商工会議所のコスタ会頭ら

 【ベレン発】パラー日系商工会議所(山田フェルナンド会頭)は2日、ベレン市内のプリンセーザ・ロウサンホテルで恒例の忘年会を開催した。同行事では、『パラー日系商工会議所と仲間達』と銘打って、会員ほかシモン・ジャテネ州知事ら多くの来賓も駆けつけた。
 山田会頭は、開会の辞の中で次のようにあいさつした。「今夜は特別に、パラー日系商工会議所とその仲間たちの集いという方針で祝うことにした。私達の基本姿勢は、友情を元に良好な関係を築くこと、そしてそれぞれのパートナーを祝うこと。進歩に向けて共に歩んでまいりましょう」と語り、来場者に相互協力を呼びかけた。
 続いて「ささやかな感謝の気持ちを」と、記念表彰も行なわれた。「会員全員が商工会の存在のため非常に重要。みなさんの存在が社会に歓迎されていることを感じてください」とあいさつし、賞状を手渡した。
 感謝状は『パラー日系商工会議所の友達・同志(同じ目的の為に協力し合う仲間)』として招待された来賓らへ手渡された。副賞として風刺画風に描いた表彰者の似顔絵が額縁に入れられて贈られた。奇抜な副賞だけに会場を沸かせ、恒例の忘年会は今年もまた、成功裏に終了した。
 来賓にはパラー商業会議所のファビオ・ルシオ・コスタ会頭、在ベレン領事事務所の小林雅彦所長、汎アマゾニア日伯協会の生田勇次会長、アマゾニア日伯援護協会の山本ジルベルト会長ら日伯両国から多数の来賓が出席した。(パラー州 下小薗昭仁通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ