ホーム | 日系社会ニュース | 第8位=ラーメンブーム真っ盛り?=サンパウロ市内で3店舗が営業開始

第8位=ラーメンブーム真っ盛り?=サンパウロ市内で3店舗が営業開始

 8位に選んだのはサンパウロ(聖)市内で続々と開店したラーメン業界から。専門店としてラーメン・アスー(プラッサ・ダ・アルボレ)、上々ラーメン(パライーゾ)、モモ・ラーメン(リベルダーデ=東洋街)が営業を開始した。
 しかも、どの店も特色が異なる。アスーはトメアスー出身の日系人が、トゥクピーやジャンブーといったアマゾン素材を用いたアマゾンラーメンを提供する。
 上々は日本のラーメン店主が開発に協力。「現地食材で限りなく日本と同じ味を再現する」という一杯は、開店直後から大行列ができる賑わいを見せた。
 モモは台湾系オーナーによる丸海グループからの出店。こちらも現地食材にこだわった。東洋街にはすでに複数の店舗が営業しており、ラーメンブームの到来を感じさせる話題となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ2019年9月20日 驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ  一口ほおばると、ぎゅっと詰まった旨味と炭火の香ばしさが広がる。そして、驚くほどのジューシーさ…。もう箸が止まらない。  炭火で焼き上げた身は肉厚で弾力があり、たっぷり脂が乗っている。これは肉ではない。タンバキの炭火焼きだ。  豪快に約30センチ、1キロ […]
  • リオで干物業立ち上げ=ブジオスの町おこし狙い2015年9月10日 リオで干物業立ち上げ=ブジオスの町おこし狙い  NPO法人「地球の心・日本」の代表を務める元ブラジル移民の伊藤修さんらが、リオ州ブジオス市の漁港振興や雇用の創出を狙い、同地で干物産業を始動させた。 「地球の心・日本」は、環境や生態系を守る持続可能な農業形態「アグロエコロジー」を実践・普及を図る団体。伊藤さんは、水銀汚染問題 […]
  • 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロナ対策で「金メダル」対応を2021年1月19日 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロナ対策で「金メダル」対応を 国際電話「日本はもうオシマイだ・・・」  「日本はもうオシマイだ・・・」――先週、静岡県に住む親戚から突然、国際電話がかかって来てそう言われ、心底驚いた。  日本政府は13日、緊急事態宣言に大阪・愛知・福岡など7府県を追加した。そのニュースを見て心配になり、居て […]
  • 《ブラジル》国際的人権団体が大統領を痛烈批判=「地方のコロナ対策を邪魔」=警官の暴力や環境問題でも2021年1月15日 《ブラジル》国際的人権団体が大統領を痛烈批判=「地方のコロナ対策を邪魔」=警官の暴力や環境問題でも  国際的な人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)が13日に「世界報告」を発表し、ボルソナロ大統領や現政権の新型コロナや環境問題などへの対応を厳しく批判した。  HRWは毎年、100を超える国の人権問題について報告書を出している。今回の世界報告は第31版で、ブ […]
  • アマゾン森林破壊でサンパウロ水不足に=大気中の水の循環が減少=南部地域の気候に影響?2021年1月7日 アマゾン森林破壊でサンパウロ水不足に=大気中の水の循環が減少=南部地域の気候に影響?  サンパウロ大都市圏最大の水がめ、カンタレイラ水系の12月29日現在の貯水率は、同日としては2014年の水危機直前の2013年12月以来となる35・6%に低下している。同水系では昨年10月以降、国家水資源庁(ANA)が定めた警告規準の40%以下の状態が続いている。   […]