ホーム | ブラジル国内ニュース | ブルーノート・リオ=ロドリゴ・デ・フレイタス湖のほとりに8月31日オープン

ブルーノート・リオ=ロドリゴ・デ・フレイタス湖のほとりに8月31日オープン

リオの一等地、ロドリゴ・デ・フレイタス湖のほとりにブルーノートがオープンする(Alexandre Macieira/Riotur)

リオの一等地、ロドリゴ・デ・フレイタス湖のほとりにブルーノートがオープンする(Alexandre Macieira/Riotur)

 1981年にニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジで産声を上げた、老舗ジャズクラブの代名詞的存在でもあるブルーノート(BN)。アメリカに3店舗、日本に3店舗、中国とイタリアとスロヴァキアにも1店舗ずつを構えるこのBNが、8月31日にリオにもオープンする。
 着席での席数350のBNリオがオープンするのは、リオ市南部のロドリゴ・デ・フレイタス湖の近くで、2012年から15年までは「ミランダ」というミュージックバーが店を構えていたところだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ