ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選=極右候補のボウソナロがPENに移籍=当選を目指すには不利な零細政党に

《ブラジル》大統領選=極右候補のボウソナロがPENに移籍=当選を目指すには不利な零細政党に

ボウソナロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

ボウソナロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

 現在、18年大統領選の世論調査で2位につけて注目されている極右大統領候補のジャイール・ボウソナロ下院議員が、来年の大統領選を狙い、全国環境党(PEN)に移籍することが確実となった。
 ボウソナロ氏は現在、ルーラ元大統領をはじめとした左翼の労働者党(PT)や、現在の大統領のテメル氏の民主運動党(PMDB)の汚職スキャンダルに幻滅した人たちを中心に、ネット上で人気を集めている。この結果、世論調査では、8年ぶりに大統領返り咲きを目指すルーラ氏の30%に続き、15%で支持率2位につけている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ