ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 JICA日系社会ボランティアの奮闘が、岐阜新聞電子版で掲載された。ロンドリーナのめぐみ学園に派遣された小学校教諭が、6日付け「故郷への便り」に寄稿している。各国で活動する県出身者を紹介する同コーナー。同教諭は日語教育ほか、習字などの文化紹介に励む様子を伝えていた。彼女らの活動を故郷からも温かく見守ってほしいところ。
     ◎
 リオ市内イパネマ地区で4日、邦人を狙ったナイフ強盗事件が発生した。当地の警察によれば午後6時頃、地下鉄ジェネラル・オーゾリオ駅付近で観光をしていた邦人女性2人を、自転車に乗った3人の男が囲み、うち一人がナイフで脅した。スマートフォン、カメラ等を盗まれたもののケガはなかった。在リオ日本国総領事館は「スマートフォン、カメラは、使用しない間は鞄やポケット等に収納しましょう」と注意を呼びかけている。リオは五輪後に財政危機におちいり、警察にも予算が回らない状態で、治安の悪化が顕著との話も。とはいえ、サンパウロ市でも首からカメラをぶら下げて歩いたら危ない。ケガがなかったのが、不幸中の幸いか。

image_print

こちらの記事もどうぞ