ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12月31日から元旦にかけて、サンパウロ州カンピーナスのヴィラ・プロスタ・デ・ソウザでの年越しフェスタの最中に銃を持った男が乱入、12人を射殺した上に、自殺する惨劇が発生した。射殺されたのは男性3人、女性9人で、上は85歳から下は8歳まで。犯人はシヂネイ・ラモス・デ・アラウージョ容疑者(46)で、同容疑者は妻のイザマラさん(41)と長男のジョアンくん(8)をも撃ち殺した。イザマラさんは家庭内暴力で訴訟を起こしており、離婚申請も行っていた。妻とわが子を殺した上、本来誰もが心安らぐ大晦日から元旦のフェスタで何の罪のない近隣住民の命まで奪うとは。新年早々、心の痛む出来事だ。
     ◎
 1日は全国各地で10月の市長選で当選した市長が着任したが、大サンパウロ市圏オザスコのロジェリオ・リンス新市長は、直前まで逮捕されていたのに、高い保釈金を払って釈放されてから着任するという、前代未聞の就任劇となった。同市長は、同市市議たちによる公金横領工作に加担した疑いで、約2日間拘留されていた。この事件での裁判で有罪にならない限り、同市長の職務遂行は可能な状態だが、市民としてはこれでは複雑だろう。
     ◎
 2日、サンパウロ市内やサンパウロ州海岸部で激しい雨が降り、サンパウロ市内では南部サント・アマーロなどで冠水も起きたりした。だが、サンパウロ州主要水系での降水量は、グアラピランガやアウト・コチアなど50ミリを超えたところがあった一方、カンタレイラやアウト・チエテは0・9ミリと6・4ミリと格差が生まれた。同じ降るなら、バランスよく降って欲しいところだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる2016年1月5日 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる レヴィ辞任の意味するもの=3月からデモどうなる?=リオ五輪は本当に大丈夫か=「中国の成長率が下がるとサマルコのダムが決壊する」深沢正雪(編集長)=いやあ、2015年は凄い年だったね。ちょっと近年まれに見る大変動、ハラハラドキドキの年だった。 京都の清水寺が毎年12月、その一年を […]
  • 東西南北2015年1月14日 東西南北  現在、大西洋上に存在する南大西洋熱帯高気圧(ASAS)の影響で、リオ、ミナス・ジェライス、エスピリトサントの南東伯3州が記録的な高温と旱魃に襲われている。特にリオ州では、連日のように気温が40度に達しても雨が降らないというかなり深刻な事態だ。先週の予報の時点では聖州も影響 […]
  • 東西南北2018年12月1日 東西南北  先日から度々報じている、サンパウロ市南部イタイム・ビビの日本料理店「JAM」で、「スシマン」こと寿司料理人が大暴れして軍警に射殺された事件に関し、事件当時の監視カメラの映像がテレビなどで流れはじめて話題となっている。ビデオによると、スシマンは厨房を要塞のように使い、そこから出 […]
  • 東西南北2018年10月19日 東西南北  7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその […]
  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボウソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボウソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボウソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]