ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨年の今頃、ブラジルでは「母親がジカ熱に感染したことによる小頭症児誕生」への不安が急速に高まったが、それはまだ終わってはいない。先週発表された学術論文で、グアルーリョスとサンパウロ市で計2人、妊娠中にジカ熱にかかった母親から生まれた赤ちゃんが盲目だったことが明らかにされた。2人の赤ちゃんの母親はそれぞれ14歳と18歳で、ひとりは生後23日、もうひとりは生後7カ月の時点で盲目であることが確認された。母親は2人とも、ジカ熱に罹患した自覚が全くなかったという。また、以前本紙でも報じたが、サンパウロ州ではジカ熱による小頭症も増えてきているとか。この先も、種々の情報から目が離せない状況だ。
     ◎
 ドリア市長の新市政になって10日ほどのサンパウロ市だが、さっそく区長がひとり停職状態となった。それはセー区長のエドゥアルド・オドロアキ氏で、裁判所から「区長には不十分の人材」と告発されたためだ。同氏は2006年にモオカ区長をつとめていた際、ショッピング・センター建設の会計で不正が見つかり、告発されている。ドリア市長は「裁判所の判断に任せる」としているが、2度目の告発ということで、実質上、停職となっている。
     ◎
 現在、ブラジルでは、20歳以下の選手のサッカー大会「サンパウロ・ジュニア杯」(コッピーニャ)が行われているが、10日、まだ60チームが戦っている状態で、パルメイラスのジュニア・チームがエスポルチ・ジュニアに0―1で敗退した。かねてから同杯は弱いといわれるパルメイラス、そのジンクスは生きていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども2016年12月27日 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども  2016年はブラジルにとっても激動の1年だったが、8日付G1サイトが、フェイスブックで読まれた記事のデータを基に、この1年間、国内で最も話題となったものを「10大ニュース」の形でまとめている。 […]
  • 東西南北2016年7月2日 東西南北  6月30日、サンパウロ市セントロの労働者党(PT)本部の玄関が、2度にわたる暴力行為で破壊される事態が起きた。最初は未明にガラス戸が叩き割られたが、すぐ後に、破壊行為を行った商人のエミウソン・シャヴェス容疑者(38)が警察に連行された。同容疑者は釈放後の同日午後2時頃、再びP […]
  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、ブラジル史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の […]
  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日にサンパウロ市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線 […]