ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ルーラ元大統領は11日、バイア州サルバドールで行われた土地なし労働者運動(MST)主催の集会に参加し、集まった群衆に、大統領選挙に再出馬の意向を示した。しかも、「テメル(大統領)でも、セーラ(外首相)でも、セルジオ・モロ(判事)でも、連警の警部でも構わない。誰が出てきても受けてたつ」と怪気炎を吐いた。ルーラ氏は現在、ラヴァ・ジャットなど、五つの裁判の被告となっており、地裁の判決を不服として上告しても、高裁で有罪となれば出馬できなくなるが、テメル氏の支持率が低いのを利用し、今年5月までに党公認候補の指名を受けるつもりだ。「やる気アピール」では一番のようだ。
     ◎
 11日未明、サンパウロ市西部ブタンタンのフランシスコ・モラット大通りで、バスとパトカーが衝突する事故が起きた。この事故で、バス中央部に乗っていたアウデノール・ミランダ・ダ・シウヴァさん(43)が死亡した。シウヴァさんが友人2人と酒を持ち込み、騒いでいたとき、パトカーが横から突っ込んだ。車内は血の海となり、友人も重傷だという。パトカーは軍警が撃たれたという情報を受け、現場に急行する最中だったという。
     ◎
 ここ最近、毎日暑い日が続くサンパウロ市で11日、ついに23日連続で最高気温が30度を超えた。これは観測史上、過去56年で2番目に長い記録だ。過去最長は14年1月から2月にかけての26日。あのときは水危機が叫ばれていたものだが、今回は、ここ3日でカンタレイラの水位が1・1%ポイントも上昇するなど、雨も順調に降っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2016年3月1日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦に関するニュースが紙面を独占する状態は今年になって加速するばかりだが、その最中の2月28日、ジョゼ・エドゥアルド・カルドーゾ法相(労働者党・PT)が辞意を表明した。同法相は、渦中のルーラ前大統領やPT党員から「検察庁や連邦警察を野放しにしており、管理できて […]
  • 東西南北2016年1月9日 東西南北  年が明けてまだ1週間ほどだが、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)は早くも新たな局面へと向かいつつある。とりわけ注目されるのは、やはりジャッケス・ヴァギネル官房長官の存在だろう。以前の報道では、ルーラ前大統領が「18年大統領選の候補のひとり」とまで考えていたほどの人物で、これから巻き […]
  • 東西南北2016年1月5日 東西南北  ラヴァ・ジャットを中心として、昨年は政治汚職に関する話題が連日のように伯字紙の紙面をにぎわせていたものだが、今年も早速、「クーニャ下院議長が提出した港湾法の修正案が、テメル副大統領の選挙キャンペーンの献金先に有利になるようになっていた」であるとか、「オデブレヒト社社長と幹部が […]
  • 東西南北2016年12月20日 東西南北  18日午前中、グローボ局の生中継に手に汗握った人も少なくないのではないだろうか。クラブW杯決勝で、日本の鹿島アントラーズが、スペインの強豪レアル・マドリッド(ブラジルからはマルセロとカゼミーロもフル出場)に2―4で敗れたとはいえ、一時は試合をリードし、延長戦までもつれこむとい […]