ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大サンパウロ都市圏は15日夜から16日未明にかけて豪雨に見舞われ、サンパウロ市北部のサンターナの気象観測所では、1月としては68年間の歴史で2番目に多い、24時間で115ミリの雨を記録した。隣のグアルーリョス市では、濁流に囲まれて動けなくなった車が水路に飲み込まれ、運転していた女性が水死した。サンパウロ市でも冠水や、流された泥による家屋や商店の被害などが報じられた。こうした被害は気の毒だが、その一方でカンタレイラ水系の水位は未開水域分抜きで49・6%まで上昇し、13年8月18日以来の50%越え目前だ。今週は連日10ミリを越える雨が予想される。地盤も緩むから、かなりの注意が必要となりそうだ。
     ◎
 昨年、F1引退を表明したフェリペ・マッサが、所属チームのウイリアムズと17年の再契約を結び、昨年の引退表明から一転して、引退撤回となった。もうひとりのブラジル人F1レーサー、フェリペ・ナスルが、スポンサー撤退の問題で今季の参戦が危ぶまれているため、マッサの復帰はブラジル人F1レーサーがゼロになる危機を救う意味では非常に助かる。ただ、昨年のブラジルGPで、最後の花道と思い、盛大に拍手をした人のことを思うとやや複雑か。
     ◎
 ドリア新市長が就任したことで、サンパウロ市の交通事情は大きく変わりそうな予感を漂わせているが、16日には、12月23日以来休止していた、車のナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が再開された。現時点では曜日による乗り入れ規制の番号の変更もなく、実施時間も7~10時、17~20時(土、日曜、祭日は対象外)も同じだ。今後、果たして変更はあるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月1日 東西南北  先日から度々報じている、サンパウロ市南部イタイム・ビビの日本料理店「JAM」で、「スシマン」こと寿司料理人が大暴れして軍警に射殺された事件に関し、事件当時の監視カメラの映像がテレビなどで流れはじめて話題となっている。ビデオによると、スシマンは厨房を要塞のように使い、そこから出 […]
  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボウソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボウソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボウソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]
  • 東西南北2018年10月19日 東西南北  7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]