ホーム | 日系社会ニュース | 見えない日本文化を体感=72人がふれあいセミナーで

見えない日本文化を体感=72人がふれあいセミナーで

恒例となった馬場体操を、リベルダーデ広場で元気に踊る参加者ら

恒例となった馬場体操を、リベルダーデ広場で元気に踊る参加者ら

 ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)主催の『第18回日本語ふれあいセミナー』が17日からの4日間、ブラジル霊友会で行われた。13~17歳の日本語を学ぶ生徒ら、計72人(ボリビアから12人、アルゼンチンから1人)が参加した。
 このセミナーは日本語や日本文化に触れ、生きた日本語を身につけることを目的としている。今回は初めてサンパウロ日本人学校を訪問し、思いやりやおもてなしといった「見えない日本文化」の理解促進にも力を入れた。
 また恒例となった「馬場体操」もリベルダーデ広場で行われ、途中で降り出した雨にも負けず、参加者は元気な掛け声や手拍子を打ちながらとても楽しげに踊りきった。
 同セミナー初めてのアルゼンチン人参加者である帰山マティアスせいじさん(16)は、「初めはとても緊張したけど、すぐに友達がたくさん出来た。馬場体操が一番楽しかったです」と笑顔で語った。ボランティアとして2回目の参加である非ニ日系のシルバ・アウグストさん(19、スザノ出身)は「言葉に出来ないくらい楽しかった」と感動をあらわにした。
 セミナーのOBであるボランティアも多く見られ、運営の手助けをしていた。第1回目の参加者から寄付もあったという。志村マルガレッテ実行委員長は「本当に嬉しい。OBはみんな優秀に育ってくれた。今後も日伯の架け橋となる優秀な若者を育てていきたい」と嬉しそうに話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月11日 東西南北  あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を […]
  • パラグアイでブラジル人密売者の救出阻止=ブラジルと同国の警察が協力し=2日にはトンネルも発見2018年10月6日 パラグアイでブラジル人密売者の救出阻止=ブラジルと同国の警察が協力し=2日にはトンネルも発見  ブラジル連邦警察とパラグアイの国家麻薬犯罪防止局が4日、パラグアイの首都アスンシオンで収監中のブラジル人の麻薬密売者マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガことマルセロ・ピロット(以下、ピロット)救出作戦を企てていたブラジル人5人を逮捕、大量の武器も押収したと5日 […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • アルゼンチン上院が中絶合法化を否決=長時間審議と大接戦の末=ブラジル女性にも影響を与える2018年8月10日 アルゼンチン上院が中絶合法化を否決=長時間審議と大接戦の末=ブラジル女性にも影響を与える  6月14日に下院を通過して以来、国際的にも注目度の高かったアルゼンチン上院での妊娠中絶法案の審議が8日に行われ、16時間にも及ぶ審議の後、接戦となった投票で否決された。9日付ブラジル国内紙が報じている。  今回の妊娠中絶法の問題は、アルゼンチンではかなりの影響力のあ […]
  • 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」2018年8月10日 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)の約30人は、沖縄移民110周年を記念して来伯した名護市慶祝団11人を迎えて歓迎会と高齢者表彰式を5日晩、サンパウロ市内のホテルで開催した。  渡具知武豊市長は「110周年の式典や記念行事を通して、日本語を話さない世代になっても血 […]