ホーム | コラム | 樹海 | 適材適所と刃物の研ぎと

適材適所と刃物の研ぎと

 とある午後、「ブドウを頂いたから切り分けてくれる?」と頼まれた。鋏も置いてあると聞き、作業をしに行って、はたと考えた。置いてあったのは紙などを切る小型の鋏だったからだ▼この手の作業はお手の物の人が置いた道具だからと考えて作業を始めたが、茎が太くて切りあぐねるうちに、プラスチックの持ち手が壊れた。止むを得ずに別の鋏を探すも、周りにあるのは事務用のみ。大き目の鋏も壊れそうになったため、諦めて庭仕事用の鋏を買いに出た

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=282015年2月5日 パナマを越えて=本間剛夫=28 流離 = 第一部       1  今日も回診の時刻になると、例の如く敵の偵察機がやってきた。いつも午前と午後、殆ど同時刻に現れるので我々は定期便と呼んでいた。敵は抵抗力を失っていると甘く見ているからに違いなかった。 ブリキの薄金を叩くようなキンキンと頭の芯に響く偵察機が […]
  • デウシジオ上議=報奨付供述に応じるか=供述内容に戦々恐々の政府2015年12月10日 デウシジオ上議=報奨付供述に応じるか=供述内容に戦々恐々の政府  【既報関連】11月25日にラヴァ・ジャット作戦(LJ)の捜査妨害容疑で逮捕された政府の元上院リーダー、デウシジオ・アマラル容疑者(労働者党・PT)が8日、弁護士のアウグスト・フィゲイレド・バスト氏と契約したと9日付エスタード紙が報じた。 デウシジオ容疑者は、年内の出獄を視野に […]
  • 《ブラジル》下院議長選=PTがマイアの選ぶ後任に難色=背景にジウマの罷免問題2020年12月24日 《ブラジル》下院議長選=PTがマイアの選ぶ後任に難色=背景にジウマの罷免問題  来年2月の下院議長選挙で、ロドリゴ・マイア下院議長(DEM・民主党)が推す後任候補を支持するか否かで、労働者党(PT)が2分していると、23日付現地紙が報じている。  PTは18日に同党党首のグレイシ・ホフマン下議を通して、下院議長選ではマイア氏が推す後任候補を支持する意向 […]
  • 8月の税収大幅に減少=基礎的収支の赤字も拡大2016年10月1日 8月の税収大幅に減少=基礎的収支の赤字も拡大  国庫財務局が9月29日、8月の税収は昨年同月比10・12%減の918億800万レアルで、8月としては09年以降、最悪の結果となったと発表した。これにより、中央政府(国庫財務局と中央銀行、社会保障院)の基礎的財政収支の赤字も、過去20年間で最大の203億4500万レアルとなった […]
  • 2009年11月27日 アマゾンを拓く=移住80年今昔=【モンテアレグレ編】=第2回=大久保喜代子さん=「貧乏のどん底だった」=日本には一度も帰らず ニッケイ新聞 2009年11月27日付け  モンテアレグレの市街地はいわゆる上町(シダーデ・アルタ)と下町(シダーデ・バイシャ)に分かれている。高谷さんの運転する車でホテルに向かい、とりあえず旅装を解く。 […]