ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8日、サンパウロ市の電車網は大荒れの1日となった。まず午前7時30分頃、地下鉄1号線のチラデンテス駅の線路に犬が侵入し、その影響で同線が止まったため、同線と連結する3号線の循環まで乱れて、1時間ほど減速運転を強いられた。続いて昼前に、今度は2号線で運行中の電車のひとつで扉が開かなくなり、その車両の乗客が降車を余儀なくされた。そして夕方、CPTMのブラス駅で電気系統の故障が発覚したため、同10号、11号、12号線が停車。その後も1、2時間ほど、減速運転を強いられる事態が起きた。7日には3号線で脱線事故が起こったばかり。連鎖反応とはこのことか。
     ◎
 サンパウロ市内北部の2区5校の公立校で、調理人がおらず、きちんとした給食が提供できていないことは8日付本欄で報じたが、9日付アゴラ紙によると、大サンパウロ市圏のカラピクイーバとコチアの2市では、調理人どころか、清掃員さえいない学校が60校もあるという。こちらの場合も、8日に報じた件同様に、州と請負業者の間の契約更新がされていないために起きているという。子供たちが休みの間に、解決できなかったものなのか。
     ◎
 9日のサッカーのリベルタドーレス杯で、予選から参加しているアトレチコ・パラナエンセとボタフォゴが共に、対戦相手との本拠地、敵地での合計スコアで勝利した。例年ならこれでリーグ戦進出だが、今年から参加枠が増えたため、両チームは来週、再来週の水曜に、もう1チームと本拠地、敵地の2試合を戦わなければならない。長丁場だが、がんばってほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • 東西南北2018年11月28日 東西南北  ジャイール・ボウソナロ次期大統領の三男で下院議員のエドゥアルド氏が26日、米国での外遊をはじめた。ワシントンDCで記者会見を行ったエドゥアルド氏は、「損なわれたブラジルの信用を取り返す」と、父の新政権について語った。同氏はさらに、その後に行われた米国の政府関係者との会議でベネ […]
  • 東西南北2018年11月1日 東西南北  今年に入り、地下鉄5号線をはじめ、新駅の開業ラッシュが続いていたサンパウロ市地下鉄やCPTM(都電)だが、2019年は予算が抑えられることになりそうだ。地下鉄が今年の予算より9・86%減の20億500万レアル、CPTMが8・8%減の34億1千万レアルとなる。これらはすでに、サ […]
  • 東西南北2018年10月25日 東西南北  大統領候補のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)が23日、誤った情報に基づいて、ジャイール・ボウソナロ氏の副候補で元陸軍将軍のアミウトン・モウロン氏が「軍政時代に拷問を行った兵士だった」との発言を繰り返した。この情報は、歌手のジェラウド・アゼヴェドが「政治犯として逮捕され […]
  • 東西南北2018年10月18日 東西南北  セアラー州フォルタレーザ大都市圏のイタイチンガ市の刑務所で13日、11歳の少女が強姦される事件が起きた。この少女は、同日9―16時の面会時間に、母親と一緒に服役中の父親に会いに来ていた。事件は少女が父親に付き添われて独房を出た瞬間に起きた。別の受刑囚が少女をさらい、犯行に及ん […]