ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 22日のブラジル上院本会議で最高裁判事就任が正式に決まったアレッシャンドレ・デ・モラエス氏は、もともと賛否両論のある中で選出されただけに、現地紙は多くの疑惑についても報じていた。中でも、22日付エスタード紙が使っていた写真は象徴的だった。一面では、モラエス氏がラヴァ・ジャットで強い疑惑を持たれているエジソン・ロボン上院憲政委員会委員長にウィンクする写真、政治面トップには、モラエス氏を交えた5人の集合写真の中央に、同氏の元所属政党党首で、同氏が弁護を担当したこともあるアエシオ・ネーヴェス氏が微笑む写真が。こういう画像はときに文章以上に物を言う。実にお見事だ。
     ◎
 21日午前5時頃、サンパウロ市地下鉄5号線のアドルフォ・ピニェイロ駅付近で脱線事故が起きた。同駅は終点であるため、同駅だけを午後2時近くまで閉鎖して、残りの駅は通常運行を続けた。サンパウロ市地下鉄では7日にも3号線で脱線事故が起きており、わずか2週間で2件目の脱線事故となった。5号線はアドルフォ・ピニェイロ駅以東に拡張路線を建設中で、可能なら年内に9駅増設の予定の線だが、果たしてどうなるか。
     ◎
 大統領選の泡沫候補として知られるレヴィ・フィデリックス氏が21日、サンパウロ州地裁から同性愛者差別発言で2万5千レアルの罰金刑を命じられた。これは2審判決で、支払いは15日以内に行われなければならない。フィデリックス氏は、14年9月に報道されたテレビでの大統領候補討論会で、同性愛嫌悪の持論を数分間にわたって主張し、問題となっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認2017年5月19日 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認  食肉大手企業JBS社主であるバチスタ兄弟の報奨付供述(司法取引)の中に、ミシェル・テメル大統領(民主社会党・PSDB)が、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で逮捕中のエドゥアルド・クーニャ被告に口止め料を払うことを容認していた内容が含まれていることが明らかになり、エジソン・ […]
  • ブラジル最高裁=アエシオ上議の職責停止命ず=姉やいとこには逮捕令状=JBSの供述の余波直ちに2017年5月19日 ブラジル最高裁=アエシオ上議の職責停止命ず=姉やいとこには逮捕令状=JBSの供述の余波直ちに  【既報関連】連警と連邦検察庁が18日朝、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の一環としての「パトモス作戦」を実行し、ブラジリアの連邦議会やリオ州、ミナス州など、民主社会党(PSDB)党首のアエシオ・ネーヴェス上議らに関連する場所の家宅捜索を行うと共に、同上議の姉のアンドレア・ […]
  • 東西南北2018年10月19日 東西南北  7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年3月6日 東西南北  現在、パラナ州クリチーバにあるオスカー・ニーマイアー美術館では、ラヴァ・ジャット作戦で押収された絵画の展覧会が行われている。これらの作品は、元ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏をはじめとした被告たちが賄賂代わりに手にしたものだ。これらの価値が非常に高く、話題とな […]