ホーム | 日系社会ニュース | 入居者ら新しい我が家に喜び=憩の園が草の根資金で施設改修

入居者ら新しい我が家に喜び=憩の園が草の根資金で施設改修

公開された草の根無償資金協力の記念プレートを除幕した中前総領事と佐藤直会長

公開された草の根無償資金協力の記念プレートを除幕した中前総領事と佐藤直会長

 日本政府による草の根無償資金で援助を得た、救済会の老人ホーム「憩の園」が先月29日、施設改修を終え記念プレートの除幕式を行なった。
 資金は昨年3月、環境改善を目的に5万8298米ドルが贈与された。同園の施設は1980年代のまま老朽化が進んでいた。今回の修繕では破損した部分を修繕し、壁を塗装し直した。また風呂場やテラスなども新しく設置されたという。
 施設利用者の向井脇民子さん(85、鹿児島)は「私達の家を綺麗にして頂きありがとうございます。皆とても喜んでいます」と、利用者を代表し謝辞を述べた。
 中前隆博在聖総領事も「皆さまの家の改築に関わることができて本当に嬉しい」と喜びを示した。
 式後は施設入り口の記念プレートが除幕され、集まった人々の拍手で我が家の改修を祝った。

image_print

こちらの記事もどうぞ