ホーム | 日系社会ニュース | 島根県人会が募集=研修生と短期訪日者

島根県人会が募集=研修生と短期訪日者

 島根県人会(村上アンドレ光明会長)は現在、交流事業による短期訪日者と2018年度の県費研修生を募集している。
 研修は島根県内で実施。分野により3~6カ月の期間となる。来年7月から開始予定で、往復の航空券、滞在費、保険などは県が負担。応募は6月14日まで。
 対象は県人子弟の22~40歳。大学卒業者または研修分野で1年間の勤務経験がある者で、日本語能力試験は4級以上、英語も中級程度が必要。また帰伯後3年間は、県人会や中国ブロックの青年部活動に積極的に参加すること。
 また、母県との共同事業である『青少年交流プロジェクト』の短期訪日者も募集している。若者による相互人的交流を目的に過去実施されたもので、昨年の会創立60周年を機に再開された。
 期間は今年8月18~31日。対象は18~25歳とし日英の語力は中級以上。滞在費は県が負担、渡航費は県人会と参加者が折半する。
 応募は来月20日まで。選考は同月31日に行なう。問い合わせ、申込みは共に石川さん(11・99172・8251)、または飯浜さん(同・99919・5180)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ