ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》母は二世1号で国際結婚=笠戸丸三世ドロシーさん語る(中)=周囲の猛反対押切って結婚

《ブラジル》母は二世1号で国際結婚=笠戸丸三世ドロシーさん語る(中)=周囲の猛反対押切って結婚

英人コロニアで暮らした一家

英人コロニアで暮らした一家

 一家はその後バウルーで暮らす。厳格な継父・香山六郎のもと、家の手伝いに追われ苦労を重ねた母・芳子さんだが、そこで運命となる出会いが待ち受けていた―。
 その相手こそ、英人男性パーシー・ウィリアム・ジョーンズさんだった。英国人一世で、一人で伯国へと渡ってきた。
 当時は電気会社に務め、奥地を転々とする仕事をしていたが、そんななか視察先で出会ったのが、芳子さんだった。熱烈な求愛を受けて交際が始まり、言葉の壁にもめげず、1930年に結婚する。当時はコロニアでは国際結婚はまだごく珍しい時代だった。
 それゆえ、若い二人が結婚を願い出るも、香山六郎は「外人との結婚など持ってのほか」と猛反対したという。だが二人はそれを押切って、登記所で婚姻を済ませた。祖母タニさんは、しばらく泣き伏せていたが、二人の意志は固かった。
 「ワインや日本酒、和菓子などを手土産に、総領事館や両親、親族の家を訪ね、『結婚の報告と共に、罰を受ける所存だ』と挨拶をして廻った」とドロシーさんは聞いている。「当時はそうでもしなきゃ、結婚できなかったのでしょう」としみじみと語る。
 結婚後、新婚夫婦はコロニアの目が厳しいバウルーを離れ、1934年には聖州北海岸部のカラガタトゥーバの果樹園管理者として赴任した。反対を押切って結婚し、距離的に離れたことも合わさって、両親との関係はしだいに遠のいていった。
 だが、祖母タニさんの体調が優れないことを知り、芳子さんが文通でやり取りするなかで、医療健康に造詣の深いパーシーさんが処方を施すうち、タニさんの体調も回復した。時間と共に「祖母も父のことを気に入り、兄が生まれたときは大変喜んだそうです」と語る。
 芳子さんは三人の子に恵まれ、一家は当地の英国人コロニアのなかで暮らした。だが「外見が違うことで、嫌な目に合うこともあった」とドロシーさんは述懐する。
 第2次大戦中は、敵性国民とされ、地元警察から海岸部立退きを命ぜられたこともあった。パーシーさんがなんとか交渉にあたって、英人の妻子ということで何とか難を逃れた。
 子供心に国家の狭間で悲痛な経験をしたようだ。(つづく、大澤航平記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!2019年1月8日 リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!  ブラジル日本移民110周年記念事業の一環として、「リオ日本移民史料館」が12月15日、リオ日系人協会に落成した。これはリオ日系社会が寄付金を募り、約6万レをかけて建設されたもの。同地のブラジル日本移民110周年記念実行委員会(松浦實実行委員長)からリオ州に寄贈された。 […]
  • 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る2018年11月24日 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る  Viva110!ブラジル日本移民110周年を祝う横浜市民の会(代表:小林正博)が、『VIVA! 110 de Yokohama』(横浜でみんなで祝おうブラジル日本移民110周年)を11日午後、JICA横浜センター体育館で開催した。イベントには約300人が来場し、ブラジ […]
  • 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日2018年11月15日 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日  コロニアが産んだ初の伯人男性演歌歌手・エドアルドさん(34、プロダクションオーロラ所属)の「ブラジル日本移民110周年記念慈善ディナー・ショー」が、30日午後6時半から聖市文協多目的ホール(Rua Sao Joaquim, […]
  • 山形県人会創立65周年祝う=笠戸丸以前から県人南樹活躍=研修員が母県との懸け橋に2018年10月24日 山形県人会創立65周年祝う=笠戸丸以前から県人南樹活躍=研修員が母県との懸け橋に  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)は21日、県人会創立65周年及び県人移住111周年記念式典を聖市のブラジル宮城県人会館で行った。母県から若松正俊副知事、寒河江浩二山形新聞社長ら31人が慶祝に訪れ、県人ら総勢300人で晴れの日を祝った。  式典では両国歌斉唱、先没者 […]